ピーマンスムージーでアンチエイジング

スムージーの作り置き方法とケールの苦みを克服したスムージーレシピ

独特の苦みや香りが苦手で、子供の頃から全くダメという人と、全然平気という人に分かれるピーマンですが、実は栄養価の高い優秀な野菜です。

生で食べるイメージの少ないピーマンですが、スムージーに入れる時は柑橘系のフルーツと合わせると独特の香りを気にせず、おいしくいただけます。

そこで、ピーマンに含まれる栄養素やカラー別ピーマンの違いを紹介します。

ピーマンに含まれるビタミンC

ピーマンにはビタミンCが豊富に含まれていて、細胞同士をつなぐコラーゲンを生成し、血管や皮膚を丈夫にすることで、免疫力を高めてくれます。また、抗酸化力も高いため、ガンや動脈硬化を予防し、シミ・ソバカスを防いで美肌効果も期待できます。アンチエイジングに効果のあるビタミンAやビタミンEも含んでいます。

肌の新陳代謝を高めてくれる効果にも期待できるので、肌の状態が気になる人は、意識してピーマンを食べることをおすすめします。

カラー別ピーマンの栄養素の違い

緑ピーマンには、天然色素の葉緑素(クロロフィル)が豊富に含まれています。葉緑素は、老廃物の排出を促進する作用が便秘の解消やデトックス効果で肌の調子を整えるので、美肌野菜ともいえます。貧血の予防改善にも期待されます。そして、子供たちの苦手なピーマンの香り成分ピラジンは、血液をサラサラにする効果や血栓や心筋梗塞を予防してくれます。

黄ピーマンは、緑色のピーマンが熟したものです。赤色ピーマンの手前の状態で、見た目と同じくビタミンの含有量も緑と赤の中間です。

赤ピーマンは、緑のピーマンが赤に変わり、栄養素も葉緑素(クロロフィル)がカプサイシンという赤色色素に変化しました。カプサイシンには、カロテン以上の抗酸化作用があるとされています。

赤色ピーマンは、抗酸化作用やアンチエイジングの効果を得たい女性におすすめの食材です。

ピーマンの栄養素を効率的に摂るには

ピーマンに含まれるビタミンCが加熱に強くても、水溶性ビタミンは水に流れて出てしまうので、ピーマンの栄養素を余すところいただくには、時短料理を心がけると栄養素を無駄にすることがありません。

そこで、ピーマンの栄養素を丸ごといただけるスムージーを紹介したいと思います。

ピーマンとリンゴのスムージー

【材料】

・ピーマン…1/2個

・リンゴ…1/4個

・バナナ…1/2個

‣ハチミツ…大さじ1

.水…100㏄

バナナとリンゴは皮をむいてカットし、ピーマンもカットします。その他の材料をミキサーにかけてなめらかになるまで撹拌します。苦みや香りが気になる方は、ハチミツの量を増やしたり、柑橘系のフルーツを加えたりお好みで調節してください。

ピーマンとオレンジのさわやかスムージー

【材料】

・オレンジ……1個

・ピーマン…1個

・キャベツ…一枚

・レモン汁…1/2個

・水…50cc

オレンジの皮をむき、適当な大きさにカットする。ピーマンはヘタと種を取り、一口大にカットする。キャベツは適当な大きさにカットし、材料をすべてミキサーに入れなめらかになるまで撹拌します。

オレンジは、100%オレンジジュースに変えてもおいしくいただけます。オレンジのさわやかな香りがピーマンの独特の香りを軽減してくれます。

関連記事

  1. ビタミンCたっぷりのゆずのスムージーのレシピ

  2. 牛乳なしで作る腸内美人スムージーレシピ

  3. 美肌効果の高いエイジレススムージーのレシピ

  4. オイリー肌・大人ニキビに効果的なスムージーのレシピ

  5. みかんスムージー

    ビタミンたっぷり美肌に効くみかんスムージーの作り方

  6. キウイの美肌パワーたっぷりのスムージーレシピ