コンビニスムージーのいろいろランキング

スムージーを毎日手作りするのは、手間がかかります。ちょっとさぼりたくなったときに、コンビニで買えるおすすめのスムージーランキングをまとめました。

スムージーの種類の多さランキング

ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップの大手コンビニ4社の中で、スムージーの種類が一番多いのはローソンです。容量違いも含め、8種類のスムージーを販売しています。

次に種類が多いのはミニストップで5種類です。セブンイレブンはグリーンスムージーと果物のスムージーの2種類、ファミリーマートはサラダスムージーの1種類のみです。

ミニストップはグリーンスムージー以外に果物をミックスしたスムージーがあります。種類によって多く含まれる栄養素を変えているので、味だけでなく摂りたい栄養素によっても選べます。

ローソンのスムージーはグリーンスムージーだけでも5種類です。内3種類は容量違いで、200g・400g・800gとなります。ローソンのスムージーで変わっているのは、3種類のナッツを入れたスムージーです。アーモンドミルクの中に、アーモンド・くるみ・ヘーゼルナッツのペーストが入り、とろりとした食感になっています。

お買い得なコンビニスムージーのランキング

コンビニで買えるスムージーの中で一番お買い得なスムージーは、ローソンのNL グリーンスムージー800g、税込498円です。内容は200gのNL グリーンスムージーと同じで、1杯分200gに1食分118gの野菜が入っています。200gサイズは税込178円なので、1杯分以上の214円のお得です。

次にやはりローソンのNL グリーンスムージー400g、税込298円になります。どちらも一度に飲める量ではないので、蓋を開けてから酸化するのではという心配もありますが、数人で飲むとか、食物繊維が目的だとかでしたら、こちらの2点がおすすめです。

他のスムージーはどれも似たり寄ったりの価格になります。セブンイレブンのグリーンスムージー、果実のスムージーが190gで税込194円と少し高めです。

カロリーが一番低いコンビニスムージーランキング

コンビニのスムージーの中で、一番カロリーが抑えられているのは、ローソンのNL グリーンスムージー Off&Plusです。1本200gで39kcalしかありません。それでも食物繊維は1食分6.4g、1食分の野菜118gが使用されています。

果物を中心にしたスムージーにはカロリーが高いものもありますが、グリーンスムージーだけの中でカロリーが一番高いのは、ローソンのNL グリーンスムージー OneDayです。200gでカロリー110kcalもあります。しかし、カロリーは高めですが、OneDayの名の通り、1日分の野菜350gを摂ることができます。

野菜・果物が一番多いコンビニスムージーランキング

入っている野菜や果物の種類が多いのは、ファミリーマートのサラダスムージー230gです。野菜と果物をあわせて35種類、豆から生まれた食物繊維サンファイバーも一緒に入っています。かなり緑色が濃く、野菜くさいのではという印象ですが、果物の風味が強いために飲みにくさはありません。どろりとした中につぶつぶした食感が楽しめます。

次に多いのはセブンイレブンのグリーンスムージー190gです。野菜が15種類、果物が7種類入っていて、半日分の野菜とレタス1個分の食物繊維を摂ることができます。砂糖不使用で果物の種類の多さの割に野菜の味が前面に出ているスムージーです。1本190gと他のコンビニのスムージーより少しだけ控えめの量なので、楽に飲みきれるとの評価もあります。

関連記事

  1. 基本のスムージーの作り方

    おすすめ・売れ筋のスムージーランキング

  2. シェイクするだけ!粉末スムージーのおすすめランキング

  3. からだの中から温まるホットスムージーレシピ

    行ってみたい!スムージー専門店のランキング

  4. スムージーのおすすめメーカーランキング

  5. 手動ミキサーで作るスムージーレシピと

    スムージーのおすすめ本ランキング

  6. リンゴスムージーの作り方

    スムージーの人気食材ランキング