スムージーダイエットの正しいやり方とおすすめレシピ

スムージーダイエット

 スムージーでダイエット

スムージーダイエット

ダイエットでは、毎日続けることが重要になります。スムージーダイエット方法

スムージーを使ったダイエット方法は、使う野菜やフルーツの組みわせを変えることで味も変わるので、飽きることなく続けることができます。

また、スムージーを使ったダイエットは、体重の減少が緩やかです。

体重が急激に変化するダイエットと違い、リバウンドを起こしたり健康を害してしまったりする可能性も少なくなります。

スムージーダイエット

ダイエットにおすすめのグリーンスムージーの効果

スムージーダイエット

グリーンスムージーに含まれている成分には、ビタミンなどがあり、美肌効果が期待できます。

また、長く続けることで、体質が改善され、太りにくい体質になることや免疫力のアップも期待できます。

食材には食物繊維が多く含まれているものが多いため、便通が良くなる効果もあります。

そのほかにもデトックス作用など、様々な効果が期待できます。

スムージーダイエット

スムージーダイエットの効果的な時間帯と正しいやり方

スムージーダイエット

スムージーをダイエットとして取り入れる場合、1食をグリーンスムージー1杯に置き換えます。

ダイエットの効果を高めたい場合、夕食をスムージーに置き換えます。

スムージーに置き換えない食事は、過度に減らさずバランスの良い食事を心がけましょう。

朝食は1日の活動に備える大切な食事のなので、抜かずにしっかり食べましょう。

夜が最も活動量が減るため、食事を置き換えるのに適しています。

スムージーは低カロリーで食物繊維が豊富なため、量が少なくても満腹感を得ることができます。

スムージーダイエット

スムージーダイエットにおすすめの食材

スムージーダイエット

スムージーダイエットトマトトマトのスムージー

トマトの赤い成分でもあるリコピンは、生活習慣病予防尾や老化予防の効果があります。

また、抗酸化作用もあり、ダイエット効果もあるといわれている成分です。

ビタミンも豊富で、血液をサラサラにして代謝を上げる効果もあります。

皮には血管を強くする作用もあるので、皮ごと使用しましょう。

スムージーダイエットほうれん草ほうれん草スムージー

どんな食材とも相性が良く、栄養も豊富に含まれている食材です。

ビタミンや鉄分、βカロテンが豊富で、貧血防止や免疫力アップの効果があります。

根元はスムージーには使いにくいですが、栄養豊富な部分なので別の料理に使うなどして無駄にしないようにしましょう。

スムージーダイエットアボカド

良質な脂質であるオレイン酸を豊富に含んでいます。アボカドのスムージー

悪玉コレステロールを減らす効果や、アンチエイジング効果もあります。

食物繊維も豊富なため、便秘の改善も期待できます。

スムージーダイエットバナナ

腹持ちが良い食材ですが、カロリーはご飯やパンよりも少ないです。

脂肪を燃焼する成分を含んでおり、太りにくい果物です。

スムージーダイエット豆腐

スムージーの味がまろやかになり、飲みやすくなる上に腹持ちも良くなります。

カルシウムやタンパク質、鉄分などの栄養分が含まれており、イソフラボンは美肌効果があります。

スムージーダイエット

おすすめレシピ ・組み合わせ

スムージーダイエット

野菜だけでなく果物を加えることで、苦い野菜でも果物と合わせると飲みやすくなります。

緑黄色野菜である小松菜やほうれん草などをベースに、バナナなど腹持ちの良い食材も加えてみましょう。

スムージーの置き換えダイエット方法とおすすめ材料の組み合わせ

また、通常の材料にお酢を加えると、さらにダイエットや美肌の効果が期待できます。

お酢を使った酢ムージーレシピを活用して健康ダイエット

スムージーダイエット

スムージーダイエットでは注意する食材

スムージーダイエット

スムージーダイエットイモ類

イモ類にはでんぷん質が多く含まれているため、摂取する糖質も多くなってしまいます。

スムージーに使用しても良いですが、ダイエットには不向きです。

スムージーダイエット多すぎる果物

果物をたくさん加えると、甘くて飲みやすいスムージーになります。

しかし、多く入れすぎると、果物の糖質が多くなり過ぎてしまい、かえって太りやすくなってしまう可能性があります。