美と健康にいいことづくめな女性に人気のスムージー

ビタミンたっぷり小松菜を使ったグリーンスムージー

美や健康に敏感な方の間で人気のスムージーについて、具体的にどんな効果があるのかご紹介致します。

スムージーを飲むことでどんな効果を得ることが出来るのか

免疫力アップ効果で風邪予防、便秘解消、アンチエイジング効果が期待できます。

野菜やフルーツには抗酸化成分や食物繊維が豊富に含まれています。

抗酸化成分とはガンや動脈硬化の原因のひとつといわれている活性酸素の働きを抑え、体内に異物や殺菌が侵入してきた菌を破壊して身体を守ってくれるので、風邪や病気の予防に効果があります。

また、抗酸化成分は身体がさびて古くなってしまうのを防いでくれる効果や紫外線に対する抵抗力を高めてくれるので、アンチエイジングやしみ、しわ予防にも効果的な成分です。

そして、免疫力アップのためには腸内環境を整えることが大切と言われています。

野菜やフルーツに含まれる食物繊維は便秘を解消して、腸を綺麗にしてデトックスしてくれます。

便秘はダイエットの大敵でもあるので、積極的に食物繊維を取り入れる食生活を送り、太りにくい身体作りを心掛けていきましょう。

スムージーと酵素の関係性について

スムージーの材料となるフルーツや野菜には「酵素」が含まれており、新陳代謝や消化を促す働きがあるので代謝アップにつながり、痩せる効果が期待できます。ちなみに、「酵素」は熱に弱く、48℃以上に加熱すると「酵素」が失われてしまうので、加熱せずに生の状態でフルーツや野菜を取る必要があります。

生の状態で食べることに意味があるので、欧米では「ローフード」と言って加熱しない生の状態の調理方法を実践している方が多く、ローフード専門のレストランも多々あります。生でたくさんの量のフルーツや野菜を食べるのはハードルが高いですが、スムージーなら手軽に摂取出来ますね。まさに、美容と健康に気を使う忙しい現代人にオススメのドリンクです。

スムージーはいつ飲めばいいのか

空腹時に摂取すると栄養分の吸収率が高まりますし、朝起きてすぐに水分を取ると腸の活性化を促し便秘対策にもなりますので、朝にスムージーを飲むことがオススメです。ただし100%フルーツのスムージーですと血糖値が急激に上がってしまい、インスリンというホルモンが分泌されてしまいます。インスリンは消費できずに残った糖分を脂肪にしてしまう作用があるので、ダイエットには大敵。ダイエットはカロリー摂取量ではなく、血糖値をコントロールすることが大事です。血糖値を急激に上げることを予防するには、豆乳、ヨーグルトなどタンパク質と共に摂取することで防げます。豆乳には大豆イソフラボンという、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分が含まれているので、女性は積極的に取りたい食材のひとつ。またヨーグルトの乳酸菌は腸内環境を良好にするので免疫力アップに効果的です。ぜひスムージーの食材のひとつとして取り入れてください。

簡単手軽に作れるブルーベリースムージーのレシピについて

アントシアニンという高い抗酸化成分が含まれたブルーベリーを使ったスムージーのレシピです。

材料は冷凍ブルーベリー50g 、豆乳 100ml、ヨーグルト 適量 です。

作り方は冷凍のブルーベリーと豆乳をミキサーにかけるだけで簡単。ミキサーにかけたスムージーの上の層にはヨーグルトをのせ、2層にして見た目も美しく仕上げると、気持ちもアップしますね。綺麗な層を作るには、土台となる下の層を固めに作ることがポイントなので、ブルーベリーを冷凍して凍らせてからミキサーにかけることをお勧め致します。

朝一杯のスムージーで気持ちの良い一日のスタートを迎えてみませんか

私たちの身体は食べたものから作られていると言っても過言ではありませんし、美と健康の源は毎日の食生活にあります。忙しい朝に生野菜や果物を毎日摂取し続けることは容易ではありませんが、ミキサーにかけるだけで簡単に出来上がるスムージーは手軽に準備しやすく続けやすいのでぜひお試しください。

関連記事

  1. グリーンスムージーのパワーで健康的に痩せる方法

  2. 栄養豊富なスムージーでレシピで免疫力アップ

    缶詰を使ったスムージーの効果とは

  3. 出来るだけ楽に作る、手軽で疲れないスムージーの作り方

  4. リンゴの健康効果

    スムージーを利用したプチ断食のすすめ

  5. 粉末タイプスムージーは100均シェイカーで!

  6. スムージーの人気資格とおすすめ通信講座

    スムージーをより飲みやすくするための方法