粉末タイプスムージーは100均シェイカーで!

健康や美容に良いと評判のスムージーですが、生の野菜や果物を使って作るのは毎日となると大変です。粉末タイプのスムージーなら手間もなく飲めるので、スムージーを飲むのも続けやすくなります。粉末タイプのスムージーを飲むには、シェイカーがあると便利です。

100均シェイカーとスムージー

粉末タイプのスムージーは、水や牛乳、ヨーグルトなどに入れて溶かすだけで飲める便利なスムージーです。最近はスプーンで混ぜるだけでもいい粉末タイプスムージーも出てきましたが、今でもシェイカーで混ぜないといけないスムージーもあります。スプーンで混ぜるだけのタイプでも、コップの底に粉がたまらないようにしっかりかき混ぜたいからと、シェイカーを使う人も少なくありません。

スムージーのシェイカーは、粉末タイプのスムージーを購入するときに付属品としてついてくることもあります。しかし、購入時についてこない場合もありますし、毎日使うなら衛生面も考えると、汚れやにおいが気になってくるたびにシェイカーを買い換えたいものです。市販のスムージー用シェイカーは、安いものから高いものまで様々なシェイカーが販売されています。

100均ショップでもシェイカーは販売していますし、シェイカー代わりに使えそうなボトルの種類も豊富です。100均ショップのシェイカーなら税込みで108円ですから、汚れたり、傷がついたりしたら気軽に買い直すことができます。

おすすめの100均シェイカー

【ダイソーのマルチシェイカー】
ダイソーのマルチシェイカーは、500mlまで対応できるシェイカーです。10ml単位で目盛りがついているので、スムージーを作るときに計量カップで水や牛乳を計る手間が省けます。はめるタイプの蓋でなく、回して締めるタイプなのでしっかり蓋ができるのもおすすめの理由です。ただし、浅い蓋なので、水分を入れて持ち運ぶことまでは期待できません。500mlと容量が多いため、シェイクしやすい反面、サイズが大きすぎて飲みにくいという面もあります。

【ウォーターボトル】
ウォーターボトルはシェイカーではなく、持ち運びのできる水筒です。しかし、蓋を閉めれば、シェイカーとしても重宝します。サイズは350ml~500mlと商品や販売している100均ショップによって異なりますが、どれも外出先に持っていくにはちょうどいい大きさです。粉末タイプのスムージーでも作りたてが一番ですが、ウォーターボトルに水を入れていけば、外出先で粉を入れてシェイクして作りたてスムージーをその場で飲むことができます。マルチシェイカーと違い、ボトルのデザインが可愛らしかったり、おしゃれだったりと、持ち歩くのにも家に置いておくのにも抵抗がないのもおすすめな点です。

100均シェイカーで気をつける点

安価ですし、全国どこでも手に入りやすい100均ショップのシェイカーですが、気をつけておきたいことがあります。安い分だけ作りが甘いため、シェイクするときはしっかり蓋を締め、蓋を押さえておかないと蓋から漏れてしまうことがあります。ウォーターボトルではなくシェイカーとして販売しているものは、持ち歩くのも避けた方がいいでしょう。

また、プラスチック製のシェイカー、ウォーターボトルは色移りやにおい移りがしやすいです。洗う時に傷がつけば、そこから雑菌も入ります。100均ショップのシェイカーはずっと使い続けるのではなく、ある程度で買い換えていくものとして使用しましょう。

関連記事

  1. 冷え性の人必見、体を冷やさないスムージーについて

  2. スムージーで摂取できる代表的な栄養素とその効果

  3. スムージーを効果的に飲む時間は?

  4. まるごと野菜のスムージーで免疫力アップ

  5. スムージーと酵素ドリンク

    酵素が入ったスムージーと酵素ドリンクの違い

  6. リンゴの健康効果

    スムージーを利用したプチ断食のすすめ