授乳中も安心、スムージーで栄養補給

スムージーダイエットの正しいやり方とおすすめレシピ

授乳中は通常よりも栄養が必要です。しかし、授乳中は赤ちゃんの世話で忙しく、落ち着いて食事がとりにくい時期でもあります。スムージーは野菜や果物をまるごと飲めるため、手軽に栄養補給ができます。母乳は血液なので、母親が食べたり飲んだりしたものが影響します。スムージーなら基本的に野菜と果物と水だけなので、赤ちゃんに影響はなく、安全です。

授乳中に摂りたい栄養とスムージー

妊娠中に摂ることを推奨されている葉酸は、産後、授乳中でも必要な栄養素です。葉酸はビタミンB群の一つで、細胞を作ったり、赤血球を作るのを助けたりする働きがあり、赤ん坊にはとても大切な栄養となります。葉酸が足りないと、成長が遅れることもあります。

母乳には母親の摂った栄養が含まれているため、赤ん坊に葉酸を与えるためには、母親が葉酸を豊富に摂らなければいけません。また、母乳は血液から作られますが、血液を作る脊髄をサポートしているのも葉酸です。葉酸は授乳中の母親にとって、必要不可欠な栄養素なのです。スムージーなら、野菜や果物を皮ごと、絞りかすも一緒に飲むため、葉酸をたくさん摂ることができます。

授乳期には葉酸以外にも、鉄分、カルシウムなどミネラルも必要です。野菜や果物の組み合わせによって、スムージーはそれらの栄養も手軽に摂ることができます。

授乳中のスムージーで気をつけること

授乳中にスムージーを飲むのに気をつけたほうがいいことがいくつかあります。一つはスムージーに頼り過ぎないことです。授乳中に必要な栄養素は先に挙げた葉酸、鉄分、カルシウム以外にもたくさんあります。野菜と果物中心のスムージーでは摂れない栄養もあります。スムージーは栄養補給の一つにするだけにし、朝昼晩の食事もしっかりとってください。また、産後太りが気になっていても、スムージーで置き換えダイエットをすることは止めましょう。授乳中は赤ん坊のため、母親には十分な栄養が必要な時期です。

二つ目はスムージーを飲むことで体を冷やさないようにすることです。スムージーを常温で飲む、口に入れて温めてから飲むなどしましょう。ホットスムージーを飲むのもおすすめです。その場合、熱を加えても栄養が壊れない野菜や果物を選んで使いましょう。

スムージーを作るとき、水ではなく、牛乳やヨーグルトを使って作る人もいます。水で作るよりカルシウムなどの栄養が増えて良いですが、赤ん坊に牛乳アレルギーがあると、アレルギー反応が出る可能性があります。

スムージーは手作りをして、作りたてを飲むのが栄養が壊れずに飲むことができます。しかし、忙しい授乳中に毎回スムージーを作るのは難しい場合、まとめて作って凍らせておくか、市販のスムージーを購入するという手もあります。

市販の粉末タイプのスムージーを使う場合、パッケージをよく確認することが必要です。スムージーによっては授乳中は控えるように書かれたものもあります。置き換えダイエット用の粉末スムージーに多いようです。また、市販のスムージーの中には甘すぎるものもあります。糖分を摂りすぎると母乳が出にくくなることもあるので、気をつけましょう。母親の母乳を通して赤ん坊も飲みますから、添加物が入っているものを飲むのは心配です。着色料、保存料、人工甘味料などが入っていないか確認してください。

関連記事

  1. 飲むだけで美白効果が期待できるスムージー

  2. 最高の組み合わせでスムージーの効果が倍増!

  3. からだの中から温まるホットスムージーレシピ

    スムージーを使って健康的に7日間で痩せる方法

  4. スムージーで摂取できる代表的な栄養素とその効果

  5. スムージーの作り置き方法とケールの苦みを克服したスムージーレシピ

    スムージーの作り置き方法とケールの苦みを克服したスムージーレ…

  6. 効果が期待できる正しいスムージー置き換えダイエット