手間いらずでコスパもいい粉末タイプのスムージー

まるごと野菜を摂れるスムージーは、健康や美容に良いとして注目を集めています。スムージーを毎日作るのは手間がかかりますが、粉末タイプのスムージーを利用すれば簡単です。

粉末タイプのスムージーとは

スムージーは野菜や果物を皮ごとそのままミキサーにかけて作る飲み物です。ジュースと違い、絞りかすごと飲むので、野菜や果物の食物繊維や栄養を逃すことがありません。しかし、作り置きすると失われてしまう栄養価もあるので、できるだけ作りたてを飲んだ方がいいといわれています。
毎日、飲むたびにスムージーを作るのは手間がかかります。また、スムージーの材料の生の野菜や果物を買おうとすると、思っている以上にお金が必要です。ミキサーが家にない場合は、最初だけとはいえミキサーの購入も必要になります。粉末タイプのスムージーなら、スムージーの粉末を水や牛乳に溶かすだけで飲むことができるので手間がかかりません。生の野菜や果物を使って手作りするよりコスパも高いです。手間いらずで飲めるスムージーには、粉末タイプのスムージー以外にペットボトルなどに入ってそのまま飲めるスムージーもありますが、こちらは手作りするよりさらにコスパが悪くなります。

粉末タイプのスムージーのメリット

粉末タイプのスムージーの良い点に、手間がかからないだけでなく、好きなように飲めることがあります。飲みにくい味ならば、水や牛乳ではなく、紅茶や緑茶、カロリーの点からはおすすめできませんがジュースで溶かして飲みやすくすることもできます。お湯で溶かして飲めば、体を冷やす心配もありません。
また、飲むだけではなく、ヨーグルトにかけて食べる、お菓子を作るときに入れるなど、アレンジも可能です。粉末タイプのスムージーは味もいろいろありますから、飲みにくければ他の味に変える、飽きないように何種類かを交互に飲むなどできるのも良い点です。

粉末タイプのスムージーの栄養

粉末タイプのスムージーは、手作りの生のスムージーより手軽に飲むことができますが、栄養価が生のスムージーより下がっては意味がありません。特に酵素やビタミンCなど、熱に弱い栄養素がスムージーには含まれていますが、粉末に加工する時に損なわれてしまう心配があります。しかし、栄養を損なわないように加工してあるものがほとんどです。手作りのスムージーは好きな野菜・果物ばかりを使って栄養が偏ってしまうこともありますが、粉末タイプのスムージーはバランスよく栄養が配合されているので手作りのものより栄養価が高いものもあります。

粉末タイプスムージーの選び方

ダイエットしたいのか、栄養補給したいのか、目的によって必要な栄養素は違います。粉末タイプのスムージーを選ぶ時は、自分の目的に必要な栄養が入っているかを確認しましょう。不要な添加物が入っていないかの確認も必要です。毎日飲み続けるためには、飲みやすいかどうかも重要です。試供品などで飲んでみることができれば、一度味を確認したほうが安心できます。粉末タイプのスムージーには、シェイカーで混ぜなければいけないものと、水に入れるだけでさっと溶けるものがあります。少しでも手間をかけたくない場合は、軽く混ぜるだけで大丈夫なタイプを選びましょう。

関連記事

  1. スムージーと酵素ドリンク

    酵素が入ったスムージーと酵素ドリンクの違い

  2. 通販で手軽に手に入るスムージー4選

  3. ホットスムージーのメリットとデメリット

  4. 粉末タイプスムージーは100均シェイカーで!

  5. 出来るだけ楽に作る、手軽で疲れないスムージーの作り方

  6. スムージーで解消できる便秘