妊娠中にスムージーを飲む際の心配事や注意点について

妊娠中に飲むスムージー

スムージーは置き換えダイエットや栄養補給として使われて飲むことを習慣にしている人も多いですが、その傍ら妊娠中のスムージーは厳禁だという噂があります。これはただの噂ですので実際にそのようなことは無いのですが、そのような話を聞いてしまうと心配になると思います。この記事では、妊娠中にスムージーを飲むうえでの心配事や注意点をご紹介いたします。

妊娠中に食べてはいけない食材

妊娠中の献立作りには慎重になると思いますが、そもそも野菜や果物を使ったスムージーの中で妊娠中に食べてはいけない食材というのはほとんど存在しません。強いて言えばほうれん草などに含まれているシュウ酸が骨粗しょう症を招きやすいと言われているため食べない方が良いと言われています。しかし、それも一説にすぎず偏った見方だという専門家もいらっしゃいます。シュウ酸はどんな野菜にも含まれており、生野菜を1kg以上食べなければ体に悪影響が出ることは無いですので、過剰に心配する必要もありせん。

体が冷える心配

スムージーを飲むと体が冷えやすいと言われており、確かに冷たい食材で作ったスムージーを飲むと内臓が冷えてしまうこともあります。これも妊娠中にスムージーを飲むことは危険と言われている一つの原因であると思われます。実際のところスムージーを飲んで体が冷えやすくなったということは少なく、極端な冷え性な方は注意するべきドリンクかもしれません。通常の生活で飲む分には体がすっきりする程度にしか変わらないため心配しなくても問題ありません。それでも体の冷えが気になるようでしたら、スムージーで使う素材を変えて体を温める作用のある物を中心に構成しましょう。
体を冷やしやすい材料として「キャベツ・レタス・トマト・バナナ・マンゴー・パイナップル」などが挙げられます。特にバナナはスムージーで使うという方も多いため、甘さを加えたいのならば代わりにりんごを使うとよいでしょう。

農薬や害虫の心配

妊娠中でなくとも心配であるとは思いますが、スムージーの材料には農薬が使われていたり害虫が住み着いて気付かず体内に取り入れてしまっている場合もあります。スムージーでなくとも生野菜や果物を使う料理だと考えられるリスクでありますが、洗ったりよく見て使うことにより回避できるため、妊娠中は少し気を付けながら念入りに洗いましょう。妊娠中の食べるものに気を使いたい時期は、少々高価でも無農薬の野菜を使うのが一番安全です。
これを防ぐ対策として粉末タイプのスムージーを使うという選択肢もあり、こちらは手間も掛からず栄養も生野菜に負けぬほど摂取できるためおすすめです。生野菜を使ったスムージーでも特別心配することではありませんが、粉末タイプですと害虫・農薬の心配は全くありませんので、どうしても怖いという方はこちらを使ってみてください。

妊娠中のスムージーダイエット

飲み過ぎは体に良くありませんが、妊娠中でも1日1食置き換えダイエット程度ならば行ってもまったく問題ありません。むしろスムージーに含まれているミネラルやビタミンなどの栄養はお腹の赤ちゃんにも良い効果があると結果がでています。野菜を十分に食べることができていないという方は、ダイエットに関係なしに是非飲んでいただきたいドリンクです。自分と子供の健康のために、必要な栄養について学びながら摂取していきましょう。

関連記事

  1. 美白効果が期待できるスムージーの作り方

  2. スムージーに使う小松菜の栄養と組み合わせ

    夜スムージーにオススメの食材とNGの食材

  3. スムージーでプチ断食をしてデトックス

  4. リンゴの効果

    飲んで痩せるスムージーダイエット

  5. 冷え性の人必見、体を冷やさないスムージーについて

  6. 野菜と穀物の組み合わせ・マクロビスムージー