作り過ぎたスムージーは冷凍保存がおすすめ

ダイエットや美容、健康のために毎日飲みたいスムージーですが、作りたてでないとなくなってしまう栄養があります。しかし、うっかり作りすぎてしまう時や、毎日作るのはたいへんだからとまとめて作っておきたい時もあります。そんな時はスムージーを冷凍保存するのがおすすめです。

スムージーを冷凍保存する方法

スムージーをそのまま保存しない方がいい理由は、時間が経つごとにスムージーは酸化してしまうからです。スムージーは生の野菜や果物を使って作るので、酵素が豊富に含まれています。酵素は消化を助けるなどの働きがあり、人間の体に必要なものです。しかし、酵素は人間の体の中だけで働くものではないので、スムージーを放置しておくと、酵素の働きで酸化してしまいます。酸化を防ぐには、密閉して空気を入れないようにして保存するしかありませんが、スムージーを作っている間にも空気にふれているので酸化は少しずつ進んでいきます。
スムージーを冷凍保存しても完全に酸化を防ぐことができるわけではありませんが、常温保存や冷蔵庫で保存するよりは栄養を保つことができます。スムージーを冷凍保存する時は、酸化を防ぐビタミンCを多く含むレモンも使ってスムージーを作りましょう。作ってからできるだけ早く、ジップロックなど密封できるパックに詰めます。その時、空気が入らないようにしましょう。冷凍庫に瞬間冷凍の機能がある場合は、それを使ってください。普通の冷凍では、凍りきるまでに栄養が少しずつ壊れていきます。
解凍して飲むときは、自然解凍は避けます。電子レンジも熱に弱いビタミンCなどの栄養が壊れてしまいます。50℃くらいのお湯でパックごと湯煎するのが一番です。それ以上の温度で湯煎すると、酵素も熱に弱いため壊れます。水分と分離してしまったときは、スプーンで軽く混ぜてやれば、元に戻ります。

スムージーの材料を冷凍する方法

スムージーを冷凍した場合、どれだけ気をつけても栄養や酵素が完全にそのままというわけにはいきません。やはり作りたてが一番なのですが、少しでも手間を省くために材料である野菜や果物を切って凍らせておくという方法があります。材料が切ってあれば、後はミキサーに入れるだけなので、かなり手間が省けますし、栄養もスムージーを凍らせるよりは損なわれません。また、まとめ買いの方が安いからと買い込んだ果物を常温で保存していたら傷んでしまったということもあります。冷凍しておけば、傷むことはありません。
野菜や果物を冷凍するときは、水で洗った後、水気を切って、使いやすい大きさに切ります。くっつかないようにバッドなどにばらばらに並べます。重ねて並べると、くっついてしまうので使いにくいです。できるだけ空気が入らないようにラップをぴったりくっつけて凍らせます。ジップロックを使って空気を抜いてもいいですが、その場合も果物や野菜がくっつかないように気をつけましょう。
使うときは、凍らせたまま必要な分だけ取り出し、ミキサーにかけます。氷を入れなくてもとろりとしたスムージーができあがります。
注意したいのは、凍った材料を使ったスムージーは冷たすぎるので体を冷やしてしまうことです。特に冬は口の中で温めて少しずつ飲む、ある程度常温になってから飲むなど工夫してください。ただし、電子レンジでスムージーを温めるのは、ビタミンCも酵素も壊れてしまうのでやってはいけません。

関連記事

  1. ダイエットに有効なスムージーと血糖値の関係と粉末スムージーランキング

    便秘を解消するスムージーの作り方

  2. 粉末タイプスムージーは100均シェイカーで!

  3. スムージーダイエットの正しいやり方とおすすめレシピ

    授乳中も安心、スムージーで栄養補給

  4. 妊娠中にスムージーを飲む際の心配事や注意点について

  5. 豆乳や枝豆を使った美肌効果抜群のスムージーレシピ

    スムージーの腹持ちを少しでも良くする方法

  6. スムージーはカロリー過多に注意!