フードプロセッサーでスムージーは作れるのか

スムージーと酵素ドリンク

食材を調理する道具

フードプロセッサーはハンドブレンダーと似ていますが、その大きさや使い方は全く違う物でありどちらもスムージーを作る場合にはミキサーとは別の仕上がりになります。特にフードプロセッサーは液体調理に向いていないものもあるため、スムージーを作るために購入を考えているのならば商品について下調べが必要です。この記事ではスムージーとフードプロセッサーの相性についてご紹介いたします。

フードプロセッサーの機能

ミキサーと非常に似た機能を持つけれど効果であるフードプロセッサーは、固形物のみを粉砕するのに向いている調理器具です。ミキサーの場合は液体+固形物といった形で混ぜるのに向いているため、水や牛乳を使うスムージーに適しています。フードプロセッサーで作るスムージーはハンドブレンダーと同じく少々荒い仕上がりになり、葉類の欠片や少し固形が残っていることもあります。そのしゃりしゃりとした食感が好みの方もいれば、逆にのど越しが悪いためミキサーで作ったスムージーの方が好きだという方もいるため、仕上がりに関しては個人の好みに分かれます。
ですのでフードプロセッサーは食材の下ごしらえとして、主に料理のみに使うものとして考えていただいた方がよいかもしれません。しかしフードプロセッサーでもスムージーは作れますので、フードプロセッサーを持っているのであれば一度スムージーにも挑戦して頂きたいです。しかし古い機種のフードプロセッサーでしたら液体を入れると漏れてしまう可能性もあるため、一度試してみたりその商品について調べる必要があります。

ミキサーとの違い

少し前は上記のように液体と合わせた調理ができないフードプロセッサーが多かったのですが、現在大手から発売されているフードプロセッサーはほとんど水を入れても漏れること無く混ぜることができるようです。スムージーブームもあり、一つの道具に顧客が多機能を求めたおかげでこのような形になりましたが、確かにフードプロセッサーとミキサーの両方を所持していると置き場所や保管場所に困るかもしれません。そのため現在はミキサーとほとんど変わらないため、明確な違いを求めていく必要もないかと思います。しかしやはり調理用の替刃もあるフードプロセッサーの方が料理には向いているため、料理好きの人ならばフードプロセッサーを購入した方がスムージーを作るとき以外にも役に立つと考えられます。

人気であるフードプロセッサー

普段あまり自炊すること無く本当にスムージーを作るためだけに購入を検討しているのでしたら、フードプロセッサーよりもミキサーの方が安価でありおすすめです。市販のスムージーもほとんどはミキサーで作ったような仕上がりですので、お店で飲むスムージーと同じ味が作れるかもしれません。
しかしフードプロセッサーは多少高額なだけあって、料理のレシピもネットに多く上がっています。スムージーだけでなくフードプロセッサーを使って栄養バランスの良い食事やヘルシーなダイエット食を作ることも可能です。もし時間と財布に余裕があるのでしたら、フードプロセッサーを購入することをおすすめします。自分に合った調理器具を選びましょう。

関連記事

  1. ビタミンたっぷり小松菜を使ったグリーンスムージー

    スムージーを飲み続ける際の注意点

  2. リンゴの健康効果

    置き換えスムージーダイエットに最適な3つの材料

  3. 疲労回復に適したスムージーについて

  4. 飲むだけで美白効果が期待できるスムージー

  5. 冷え性の人必見、体を冷やさないスムージーについて

  6. まるごと野菜のスムージーで免疫力アップ