スムージーを利用したプチ断食のすすめ

リンゴの健康効果

美容や健康のためにプチ断食を行う人も増えています。プチ断食でも水分は必ず摂らなければいけません。プチ断食の水分にスムージーを飲むことをおすすめします。

プチ断食とは

プチ断食とは、1日から3日、長くても7日くらいまでの断食のことをいいます。初めての人なら、朝昼の2食抜くだけのプチ断食、主食を食べず野菜だけ食べるプチ断食から始めるといいでしょう。慣れてきたら3日のプチ断食に挑戦してみましょう。

3日間断食するといっても、まったく食事しない断食期間は真ん中の1日だけになります。最初の1日は準備期間、最後の3日目は回復食期間です。さらに慣れてきたら、断食期間を延ばしていくのもいいですが、3日程度にしておいた方が良いです。また、続けてプチ断食はせず、1週間以上間を置いて行ないましょう。プチ断食を行いすぎれば、栄養不足になり、健康によくありません。どうしても続けてプチ断食を行いたいときは、医者か専門家に相談して行なってください。

プチ断食の効果

プチ断食の効果は健康から美容まで様々です。朝昼の2食抜くプチ断食、主食抜き野菜だけのプチ断食は、飲み会などで食べ過ぎ・飲み過ぎた翌日や週末、忙しくて食事が外食に偏りがちな人におすすめです。プチ断食をすることで、弱った胃や腸を休ませます。

1~3日のプチ断食を行う人は、ダイエット効果や美肌効果を求めて行なう人が多いです。プチ断食では、胃腸を休めて内臓機能を整える以外にデトックス効果もあるため、体内の老廃物が排出されて美肌効果が期待できます。また、プチ断食はカロリーを消費するだけで、ほとんど摂取しないため、ダイエットになります。

プチ断食とスムージー

プチ断食をするときの水分にスムージーがおすすめな理由は、スムージーは低カロリーなのに食物繊維が豊富なため、満腹感を得ることができるからです。ただの水を飲むより、楽にプチ断食ができます。

また、生野菜や果物をまるごと使って作るスムージーには酵素がたくさん含まれています。酵素には代謝機能をアップさせたり、消化を助けたり、腸内環境を良くしたりする働きがあるので、プチ断食でのダイエット効果が上がりやすくなります。

スムージーを使ったプチ断食の方法

プチ断食で飲むスムージーは、野菜・果物・水だけで作ったグリーンスムージーがおすすめです。3日間プチダイエットの場合、1日目は準備期間、3日目は回復食期間とし、2日目だけが完全な断食期間とします。

1日目の準備期間は、断食に慣らすために食事を減らしていきます。グリーンスムージーに軽い食事でもいいですし、野菜中心の和食でもいいです。3食とも腹六分目から七分目までにし、満腹になるまで食べません。ゆっくりと、よく噛んで食べましょう。夕食は夜8時くらいまでには済まし、アルコールは控えてください。

2日目の断食期間は、3食グリーンスムージーだけを飲みます。それ以外にも喉が乾かなくても水分は摂るようにしましょう。普段より多めに水分を摂ることを心がけてください。軽く運動したほうがダイエット効果は上がりますが、激しい運動はせず、ストレッチなどの軽い運動だけにしましょう。

3日目は回復食期間です。朝食もグリーンスムージーにし、昼食からおかゆや具のないみそ汁など消化の良いものを少しずつ食べていきます。プチ断食が終わったからと無茶食いすると、せっかく休まった胃腸に負担がかかりますし、カロリーを摂り過ぎてしまいます。3日目の回復食期間も含めてのプチ断食です。

関連記事

  1. 豆乳や枝豆を使った美肌効果抜群のスムージーレシピ

    スムージーダイエットの正しい知識

  2. ダイエットに有効なスムージーと血糖値の関係と粉末スムージーランキング

    スムージーと血糖値の関係とおすすめ粉末スムージーランキング

  3. リンゴスムージーの作り方

    食物繊維たっぷりのスムージーで便秘改善

  4. スムージーでプチ断食をしてデトックス

  5. まるごと野菜のスムージーで免疫力アップ

  6. スムージーの置き換えダイエット方法とおすすめ材料の組み合わせ

    スムージーはどちらで作ると良いか、ハンドブレンダーとミキサー…