スムージーをより飲みやすくするための方法

スムージーダイエットに挑戦

朝食をスムージーに置き換えるダイエットや、野菜不足を懸念して3食に加えて野菜たっぷりのスムージーを飲む方が増えてまいりました。一昔前から流行っていたスムージーですが、今から挑戦してみたいという方も少なくありません。しかしグリーンスムージーというと、青汁にも似たあの野菜特有の青臭さが前面に出たドリンクを連想される方も多く、それが理由でなかなか手が出ないという話もちらほら聞きます。この記事では、スムージーを飲みやすくするための方法についてご紹介いたします。

野菜と果物の比率

もし自作スムージーに挑戦したことがあり、その時に青臭さやピリピリした食感にやられてしまいやる気がなくなってしまったという方は、もしかすると野菜の比率が多かったのではないでしょうか。確かに果物よりも野菜が多い方が栄養面でも優れており非常に効果のあるスムージーになりますが、飲見続けられないのであればまったく意味がありません。理想を言えば「野菜2:果物1」の比率が素晴らしいのですが、最初は逆で「果物2:野菜1」から始めてみるとよいでしょう。りんごやバナナなどを入れると口当たりもまろやかになり果物特有の甘みが出るため飲みやすくなります。もう少し果物の量を足すとジュースのような味になってしまいますが、野菜嫌いなお子さまにスムージーを飲ませたいのであれば、最初はこのくらいから挑戦した方が良いかもしれません。特に甘みの強い果物である、柿・梨・マンゴー・メロンなどを入れると効果的です。わざわざスムージーに入れる必要は無いかもしれませんが、甘さを足したいのであればドライフルーツを混ぜるとより甘くなります。しかしスムージーの本などに載っているレシピを見ても、ほとんどが野菜40%、果物60%程度の比率である物が多く載っています。飲みやすいように作られているため、一度おいしそうだと思ったものをレシピ通りに作ってみて試していただきたいです。

他の食材を使う

果物を多くして調節してみて、どうしても続けて飲めないようでしたら牛乳や豆乳を入れることをおすすめします。これらをスムージーに使うと、通常のスムージーよりも栄養の吸収が少々遅くなります。すぐにでも栄養を吸収させたいのでしたら、飲んでから一時間以上何も食べないなどの工夫する必要もあります。野菜の青臭いにおいも消えてお子さまでも飲みやすくなりますが、その分もちろんカロリーも上がりますのでダイエット中の方は気を付けてください。他にも砂糖を入れる以外に、ハチミツを小量入れて味を調節することもできるため、自分のお気に入りブレンドを見つけてください。

粉末タイプのスムージー

自分で作るスムージーは味も栄養についても考えられますが、既に出来上がって後は粉と水を混ぜるだけという粉末タイプのスムージーもおすすめです。粉末タイプは普段なかなか摂取できない野菜の栄養が含まれていたり、材料を選び買う手間も掛からず手軽に作れるため、時間のない方でも気軽に飲めるというのが最大のメリットです。現在では抹茶豆乳味やマンゴー味、ベリーバナナ味などデザートのような粉末スムージーも存在します。もし野菜独特の青臭さが気になって飲めないというのであれば、フレーバー付きの粉末スムージーを試してみるのも良いでしょう。

関連記事

  1. 授乳中にオススメのスムージー食材

  2. スムージーダイエットの正しいやり方とおすすめレシピ

    授乳中も安心、スムージーで栄養補給

  3. スムージーに使う小松菜の栄養と組み合わせ

    夜スムージーにオススメの食材とNGの食材

  4. 寒い季節のホットスムージー

  5. ホットスムージーのメリットとデメリット

  6. スムージーにプラスはちみつで栄養効果アップ