スムージーで鉄分不足を解消する方法

女性にうれしくおいしいトマトスムージーと豆乳スムージーレシピ

栄養バランスの調整

スムージーは自作ですと自分で素材を決められるため、今足りないと思う栄養を補うことが可能です。鉄分が足りなくなると貧血になってしまい、その場から動けなくなってしまう可能性も考えられます。特に女性ならば妊娠中や生理中などで酷い貧血が襲ってくることもあるため、鉄分は欠かせません。この記事では、スムージーで鉄分を摂取するレシピや、鉄分が豊富に含まれている野菜についてご紹介いたします。

鉄分を補給する

スムージーに限らず鉄分を摂取したい場合は「鉄・ビタミンC・葉酸」などの栄養素も併せて知っていただきたいです。鉄分の含まれた食材とこれらの栄養を同時に食べることで鉄分の吸収率が高まると言われており、特に葉酸は造血効果も期待できます。貧血気味と思われる方は是非食べてみてください。
鉄分を多く含んでいる野菜No.1はパセリになります。そのまま食べる人という方は少なく、どう食べてよいかわからないかもしれませんが、実はおひたしや卵とじといった調理法で美味しく食べることができます。あの独特な味が苦手という方も多いですが、他には菜の花や小松菜、水菜などに鉄分は多く含まれています。果物でいうとドライココナッツが非常に優秀であり、次点で干しぶどうが挙げられます。どれも日常的に食べる果物ではありませんが、アボガドやラズベリーなどにも鉄分は含まれていますので、少し意識して食べてみましょう。

鉄分を吸収できるスムージー

スムージーを使い鉄分を摂取する場合には、鉄分がしっかり含まれている野菜や果物を使わなくてはなりません。スムージーはでんぷんが多く含まれている野菜とは相性が悪いですが、パセリや小松菜などはスムージーに使うことができる野菜です。ですので鉄分を効率よく摂取できるスムージーを作りたいのでしたら、飲みやすいようにバナナやりんご、オレンジなどを足しましょう。ビタミンやカリウムなども同時に摂取できて、甘みのあるのど越し爽やかなスムージーが出来上がります。レシピでの例を出すと「バナナ1本:小松菜2株:パセリ2枝:カシューナッツ適量:水」が食物繊維も多く摂取できるためおすすめです。バナナを1本入れてしまうとその分カロリーも上がりますが、一般的な朝食よりは大幅に低いと思われますので問題ありません。

スムージーを飲むうえでの注意点

鉄分を補うためのスムージーを飲む妊婦さんは特に注意していただきたいのですが、お腹にいる赤ちゃんは必要でない栄養素を自分で分解することができないため、もし悪い成分が入って来たとしてもどんどん体に蓄積されてしまいます。これはなんとしてでも避けたい事だと思います。ほうれん草なども栄養豊富な野菜に思えますが、葉の部分には灰汁の成分となるものが含まれておりますので、本来であれば大きな影響もないのですが、万が一のために妊婦の方は使わない方が良いでしょう。ほうれん草を生で食べるとシュウ酸を体に取り込み悪影響があると言われています。これは毎日1kg程度食べて体に悪い影響が出るといった程度ですので、妊婦さんでない一般の方であれば過度に考える必要はありません。自分の納得できる食材を使ってオリジナルのスムージーを作りましょう。

関連記事

  1. スムージーでカリウムをうまく取り入れてむくみ知らず

  2. 産後ダイエットにピッタリなグリーンスムージー

  3. 授乳中にオススメのスムージー食材

  4. リンゴスムージーの作り方

    食物繊維たっぷりのスムージーで便秘改善

  5. 美白効果が期待できるスムージーの作り方

  6. まるごと野菜のスムージーで免疫力アップ