スムージーでプチ断食をしてデトックス

外食や旅行などで暴飲暴食が続くと、身体が重くなり、胃腸も疲れています。そこで身体をリセットするためにオススメしたいのが1日だけプチ断食をすることです。完全に飲食を断つ断食ではなく、野菜と果物を使ったスムージーとお水だけを摂取する方法なのでプチ断食と表現しています。1日だけプチ断食をすることの目的は、身体を浄化して、毒素を身体の中に溜め込まないようにすること、そして私たちの身体がもつデトックス機能のポテンシャルを高めることです。本来、人間の身体にはデトックス機能が備わっており、細胞や臓器に溜まった毒素を休まず排出してくれます。肝臓、腎臓、肺、腸、皮膚、そしてリンパ系器官は、デトックスにおいて必要不可欠な臓器です。体内の有害物質や化学物質を取り除くために必要なものは、酵素、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、抗酸化物質です。そこで、デトックスのために大切な臓器についてご説明します。

肝臓の働き

肝臓は、体内に入ってくる大量の有害物質に耐えて対処するという機能をもっています。身体中の血液から、良い物質と有害物質を見分け、血液をろ過します。化学物質を取り除いたり、アルコール、薬、環境化学物質などの有害物質も解毒してくれる大切な臓器です。この肝臓の働きをさらに高めるには、食物繊維が豊富な野菜を摂取することが有効です。例えば、アブラナ科の野菜であるブロッコリー、カリフラワー、ケール、キャベツをスムージーの食材として取り入れてみましょう。また、しょうが、パクチーなども体のデトックス力を高める食材なのでオススメです。トマトやブルーベリー、ぶどうなどは肝臓の働きを活発にする抗酸化物質が多く含まれています。抗酸化物質に含まれるアミノ酸はデトックスに欠かすことの出来ない成分です。

腸の働き

腸の働きには、主に「消化・吸収」と「排泄」に分けられます。プチ断食をすると、「消化・吸収」にエネルギーを使わず「排泄」に集中することができるので、デトックス効果が高まると言われています。長い間排出されず、大腸に溜まった毒素は、腸内で再吸収され、体にあらゆる問題を引き起こします。毒素を絡め取り、排出を促す効果のある食物繊維を積極的に摂取することで腸を綺麗にします。上に挙げた食物繊維を多く含む食材を使ったスムージーを摂取することがおすすめです。

肺と腎臓の働き

肺と腎臓もまた、体内の有害物質や老廃物を集めて体外へ排出してくれる働きがあります。例えば、腎臓は体内の毒素やムダなもの(サプリで摂りすぎた不要なビタミンなど)を尿にして排出してくれます。デトックス効果を高めるには、1日にたくさんの水を飲んで腎機能を活性化させましょう。

プチ断食の方法

朝は絞ったレモン(1/2個)入りのお水やお湯を飲むことからスタートしましょう。腸の働きが活発になり、デトックス効果が高まります。そして、お好みの野菜と果物を使ったスムージーを何杯でも摂取してください。ミネラルウォーターは最低でも1日8杯以上(約1.2リットル)飲むようにしましょう。ミネラルウォーターのボトルに、お好みの野菜や果物を加えたデトックスウォーターもおすすめです。もし、小腹がすいて眠れない、耐えられないという時は、我慢せずに砂糖が入っていない無調整豆乳にはちみつを入れて飲んでみてください。豆乳のタンパク質が血糖値を緩やかに上げて、お腹が落ち着きます。またはちみつをかけたヨーグルトも腸内の善玉菌を増やしデトックス効果を高め、空腹感を紛らわすのでおすすめです。

関連記事

  1. 授乳中にオススメのスムージー食材

  2. 冬は体を温めるホットスムージーがおすすめ

  3. 基本のスムージーの作り方

    夜に飲むスムージーでダイエット

  4. リンゴの健康効果

    スムージーを利用したプチ断食のすすめ

  5. 手間いらずでコスパもいい粉末タイプのスムージー

  6. スムージーの作り置き方法とケールの苦みを克服したスムージーレシピ

    スムージーの作り置き方法とケールの苦みを克服したスムージーレ…