グリーンスムージーのパワーで健康的に痩せる方法

グリーンスムージーとは、緑の濃い葉物野菜を中心に果物などを丸ごとミキサーにかけたシンプルな飲み物です。

また、健康と美容のどちらの面からみても期待できる効果は計り知れません。少し、体重や体形が気になったらグリーンスムージーを食事と置き換えて、健康的に痩せやすい体つくりをしてください。

グリーンスムージーで健康的に痩せやすい体をつくるには

特にダイエット目的で、グリーンスムージーを飲むときは食事の時のように一口ずつ噛みながら飲むことにより、ヒスタミンが分泌され食欲を抑制してくれます。また、体温を上げてエネルギー代謝を活発にさせる働きがあります。

また、暑い時期はどうしても冷たいドリンクを飲みたくなりますが、冷えたグリーンスムージーを飲むと体温が下がり代謝が落ちてしまったり、内臓の冷えに繋がったりします。

常温のグリーンスムージーが苦手な人は、一口ずつゆっくり噛みながら口の中で温めて飲むことをおすすめします。

健康的に痩せやすい体をつくる時に摂取するグリーンスムージーの材料は、野菜とフルーツなら何でもよいというわけではありません。フルーツは、糖分が少なく食物繊維が多いものを選ぶのがベストです。例えば、リンゴやバナナなどが基本形です。野菜は、小松菜やケールなど緑の濃い野菜を選ぶことが大事です。

グリーンスムージーに飽きずに効果を出すためには、いつも同じフルーツと野菜を組み合わせたレシピや初めからクセの強い葉物野菜を多めにしてしまうと、途中リタイヤするケースがでてきます。

効果だけ考えるとフルーツが少ない方が良さそうですが、グリーンスムージーダイエットにとって短期間で結果を出すことより、おいしく作って続けることに意味があります。なぜなら、続けることで緩やかに健康的に痩せやすい体つくりができるからです。

まず、自分がおいしいと感じる割合を見つけることがとても大事です。

グリーンスムージーは、飲む直前につくることをおすすめします。せっかくなら一度の手間で、作り置きしておきたいところですが効果を期待するなら厳禁です。

なぜなら、普通の野菜やフルーツは長持ちするものもありますが、葉物野菜や果物に含まれている栄養素は酸素と触れ酸化することにより、栄養素がどんどん破壊されていきます。

特に、グリーンスムージーはミキサーにかけて液状になっているため、一日たつとほとんどの栄養素が無くなってしまいます。

デリケートなグリーンスムージーは、できたてをすぐ飲むことを心がけてください。

基本的なグリーンスムージー

【材料】

・小松菜…一束

・リンゴ…1/2個

・バナナ…1本

・レモン…1/8個

・水…100cc

基本的なグリーンスムージーで、クセの強い野菜も使われていないため飲みやすいスムージーです。

甘みが足りない場合は、ハチミツを入れて調節してください。

小松菜とグレープフルーツのスムージー

【材料】

・小松菜…一束

・キャベツ…2枚

・キウイ…1個

・グレープフルーツ…1/2個

・はちみつ…大さじ1

・水…50cc

グレープフルーツの外側の皮をむいたら、白い皮付きのままカットします。ほかの食材とミキサーに入れてなめらかになるまで撹拌します。

ビタミンAを豊富に含んだ小松菜にビタミンCを豊富に含んだグレープフルーツとキウイを加えた抗酸化作用をアップさせるグリーンスムージーです。

 

関連記事

  1. スムージーはカロリー過多に注意!

  2. リンゴの効果

    スムージーで綺麗に痩せるために知っておきたいこと

  3. 美白効果が期待できるスムージーの作り方

  4. 作り過ぎたスムージーは冷凍保存がおすすめ

  5. スムージーで解消できる便秘

  6. ホットスムージーのメリットとデメリット