より健康にスムージーを摂取できるオーガニック野菜

オーガニックとは、化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食料品などをさす言葉です。

オーガニック野菜は有機野菜ともいい、化学肥料や農薬を使わずに太陽や水、土といった自然の恵みを生かした農法で作られた野菜のことです。

オーガニック野菜のメリット

オーガニック野菜野菜はそうでないものと比べて味も良く、栄養素の含有量も豊富です。

また、野菜のファイトケミカルの量も格段に多くなるため、強い抗酸化力も期待できます。

無農薬のため、安全性が保障されているのも安心できる点と言えます。

オーガニック野菜のデメリット

オーガニック野菜の一番のデメリットとして、値段が高いことが挙げられます。

生産に手間がかかるため、普通の野菜よりも高額になってしまいます。

また、有機野菜の栽培にも政府に指定された安全性の高い農薬の使用は認められています。

そのため、野菜によっては完全な無農薬ではない場合もあります。

オーガニック野菜は遺伝子組み換えを行っていない

遺伝子組み換えとは、農作物に他の生物の遺伝子を組み込んで、本来持たない薬剤不耐性などを持たせた品種を人工的につくることです。

品種改良とは異なり、自然では生まれない植物や動物を生み出すことができる方法です。

遺伝子組み換えの食品はまだ摂取し始めて時間が経っていないため、どのような作用が起こるか完全に解明されていません。

オーガニック野菜は遺伝子組み換えを行っていない野菜なので、安心して食べることができます。

オーガニック野菜は味や香りが良い

オーガニック野菜が美味しいと言われる理由は、植物本来が持つ生命力が活かされて育っていることです。

農薬や化学肥料を使えないため、土づくりがしっかりと行われ、手間をかけて栽培されています。

また、危険な農薬が使われていないので皮ごと食べることができ、そのためより味や香りをしっかりと感じることができます。

農薬や肥料は天然に近いもの

オーガニック野菜は完全な無農薬ではなく、厳しい基準を満たした肥料などは使うことができます。

例えば動物のフンから作られるたい肥など、自然由来の安全性が高いものが中心になっています。

そのため、環境や人体へのリスクがとても少なくなります。

身体の有害物質を取り除く方法

オーガニック野菜のみを食べるのは難しいです。

農薬などに含まれる物質が体内に取り込まれると、様々な悪影響があります。

また、取り込んだ物質が蓄積されたまま残っていると、母親から胎児に引き継がれてしまう危険性もあります。

キレート効果を持つ野菜を摂取する音で、有害なミネラルを体外に排出することができます。

キレート効果とは体内の通外ミネラルを挟み込んで吸収されにくくする効果で、タマネギやニンニク、ブロッコリー、ほうれん草などにあります。

また、肝臓の働きを高めて解毒力を上げるデトックス効果で有害物質を無毒化することもできます。

ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、大根などにある効果です。

また、食物繊維をしっかりと摂ることも、体内の有毒な物質を排出するのに役立ちます。

体内の有害物質の75%は便と一緒に排出されるため、便秘を解消して排便を促すことも健康につながるのです。

 

 

関連記事

  1. グリーンスムージーとたんぱく質を効率的に摂る方法

  2. 通販で手軽に手に入るスムージー4選

  3. 最高の組み合わせでスムージーの効果が倍増!

  4. 豆乳や枝豆を使った美肌効果抜群のスムージーレシピ

    スムージーの腹持ちを少しでも良くする方法

  5. スムージーの置き換えダイエット方法とおすすめ材料の組み合わせ

    スムージーはどちらで作ると良いか、ハンドブレンダーとミキサー…

  6. スムージーにプラスはちみつで栄養効果アップ