飲む時間帯を考慮した美白スムージーの取り入れ方とレシピ

スムージーは材料によって、飲む時間を気をつけた方が良い栄養素を含むものがあります。特に美白に気をつけているなら、とても重要になってきます。その重要な注意点と、飲む時間を考慮した美白スムージーのレシピをご紹介します。

美白の対敵、紫外線を吸収する成分ソラレンについて

美白効果のある栄養素としてビタミンCが代表的です。ビタミンCは、メラニンの生成を抑制し、濃くなったシミを薄くする効果があります。ビタミンCを含む野菜や果物も沢山あります。その中で、紫外線を肌に吸収しやすくしてしまうソラレンという成分が含まれる物もあります。紫外線を吸収するという事は、シミの素となるメラニンを増殖させてしまう原因となります。ソラレンを含む食材には、ビタミンC以外にβカロテンなど、美白には欠かせない要素を豊富に含んだものも多くあります。

ソラレンを多く含む野菜と果物

セロリ、パセリ、きゅうり、ブロッコリー、柑橘系の果物のオレンジ、レモン、グレープフルーツの他にキウイ、パイナップルなどです。

ソラレンを含まない野菜と果物

ゴーヤ、パプリカ、ピーマン、レタス、アボガド、小松菜、バナナ、りんご、スイカ、ブルーベリー、洋梨などです。

ソラレンを含むスムージーを飲む時間について

ソラレンは、体内に取り入れてから2時間後に効果が現れます。その持続時間は、約7時間前後です。朝食で取り入れた場合、日中は紫外線を吸収しやすい状態になってしまいます。ソラレンを含むスムージーは夜に飲み、朝は他の美白効果が期待できる野菜や果物のスムージーを飲むと、それぞれの栄養素を活かした取り入れ方ができます。

朝、日中に飲む美白スムージーレシピ

朝は、カラダへの吸収力も良い為、スムージーを取り入れたい時間帯です。ソラレンの成分を含まない材料を使用した美白に効果的なレシピをご紹介します。

トマトとパプリカのレッドスムージー

材料 トマト1個 、りんご1/4個、赤パプリカ1/8個、水80ml
トマトはヘタを取り、りんごは皮ごと使います。トマト、りんご、パプリカを一口大にきり、全ての材料をミキサーでなめらかになるまで撹拌します。

トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用が非常に高く、朝が最も吸収率が良いとされています。またパプリカが持つビタミンEとの組み合わせで効果が更に高まります。

小松菜と洋梨のスムージー

材料 小松菜1株、洋梨1/3個、水50ml
小松菜はよく洗い、洋梨は皮をむき一口大に切ります。材料を全てミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌します。

小松菜は美白に効果的なビタミン、βカロテンが豊富に含まれています。紫外線による肌の炎症を軽減させます。また、洋梨には抗酸化物質のタンニンやポリフェノールが豊富に含まれている為、体の酸化を防ぎアンチエイジング効果に有効的です。

ピーマンとりんごのスムージー

材料 ピーマン1/2個、りんご1/4個、バナナ1/2本、ハチミツ大匙1、水100ml
バナナは皮をむき、ピーマン、りんご全て一口大に切ります。全ての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌します。

ピーマンはビタミンCが豊富で、抗酸化力も優れています。ビタミンA、Eも含まれているため、アンチエイジング効果も期待できます。

夜に飲む美白スムージーのレシピ

夜は、ソラレンを気にせずビタミン摂取ができます。夜に飲むスムージーレシピでは、あえてソラレンを含む食材を使った夜でしか飲めないスムージーをご紹介します。

パセリと柑橘系のビタミンスムージー

材料 パセリ1/2パック、バナナ1本、キウイ1個、オレンジ1個、水150ml
オレンジは皮と種を取ります。キウイは皮はそのままで、上下のい硬いところのみを切り落とします。バナナは皮をむきます。全て一口大にきります。パセリは芯の部分も全てざく切りにします。全ての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌します。

パセリは美白に効果的なβカロテンを含み、ビタミンE、Cの栄養素は野菜の中でもトップクラスです。キウイもオレンジもビタミンCを含む代表的な果物です。新陳代謝の促進効果が期待できます。また、ビタミンEとCが一緒にとり入れられている為、相乗効果をもたらします。

パクチーとパイナップルのビタミンスムージー

材料 パクチー2株、パイナップル300g、ヨーグルト150g、牛乳100ml、はちみつ大匙1
パクチーは根元を切り落とし、ざく切りにします。パイナップルは実の部分のみを使います。パイナップルの半量とヨーグルト、牛乳、はちみつをミキサーでなめらかになるまで撹拌し、グラスに注ぎます。パクチーと残りのパイナップルをミキサーでなめらかになるまで撹拌します。先にグラスに入れたスムージーの上に注ぎ入れ、出来上がりです。

パクチーはビタミンB1、B2、C、Eとβカロテンが豊富に含まれています。メラニンの生成を抑制し、新陳代謝を促しメラニンを排出させます。抗酸化作用も高く、アンチエイジング効果も期待できます。

関連記事

  1. 抗酸化力の強い野菜と果物で作るレッドスムージーのレシピ

  2. 豆乳や枝豆を使った美肌効果抜群のスムージーレシピ

    爽やかな香りのレモンのスムージーのレシピ

  3. のどの痛みに効果的なスムージーレシピ

  4. スムージーの作り置き方法とケールの苦みを克服したスムージーレシピ

    ピーマンスムージーでアンチエイジング

  5. 青汁を使った飲みやすいスムージーレシピに挑戦

  6. 疲労回復に効果的なゴーヤスムージーのレシピ