飲みやすく美味しいスムージーレシピで目指せ健康美人

グリーンスムージーは美容や健康に良いとわかっていても青臭かったり苦かったりします。”良薬口に苦し”とは言いますが出来れば美味しく飲んで効果があるのがうれしいですよね。美味しくて飲みやすいグリーンスムージーのレシピをご紹介します。

マンゴーでまろやかグリーンスムージー

【材料】
チンゲン菜…1/4
パセリ…1束
ほうれん草…1束
リンゴ…1/4
レモン…1/4
マンゴー…1/4

【作り方】
チンゲン菜、パセリ、ほうれん草は良く洗ってざく切りにします。マンゴーは種を避けて切って皮を除き、レモンは果汁を絞ります。ほかの材料とともにミキサーにかけます。野菜の苦みをレモンの爽やかさとマンゴーのなめらかな甘さで飲みやすく美味しくしたスムージーです。

マンゴーにはプロアテーゼと呼ばれるたんぱく質分解酵素を持っておりお肉を食べすぎた時に消化をサポートしてくれます。

パセリやチンゲン菜には美肌に効果があるビタミンCが多く含まれています。また、チンゲン菜やほうれん草にはビタミンBが多く含まれ、これらは体内でビタミンAに変換されて髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持に役立ってくれます。減量中は肌や髪質のバランスも崩しがちなので使用にもフォローしてくれるスムージーです。

バナナでなめらかグリーンスムージー

【材料】
チンゲン菜…1/2
バナナ…1/2本
ブルーベリー…10粒
キウイ…半分
プルーン…種抜き3~5粒
豆乳…1/2カップ

【作り方】
皮をむいたキウイとバナナ、他の材料を全てミキサーにかけます。チンゲン菜の青臭さをバナナと豆乳、プルーンで飲みやすくしたスムージーです。

バナナにはむくみ防止のカリウムがたっぷり含まれます。キウイには美肌に効果があるビタミンC、プルーンには体内に酸素を運び貧血を予防する効果がある鉄分が多く含まれています。

豆乳には女性に欠かせないイソフラボンがたっぷり入ったいます。また、豆乳の中のオリゴ糖は腸内に働きかけて活性化し、便通も良くしてくれます。バナナやプルーンの甘みが強く、ダイエット中に甘いものが食べたくなった時置き換えて飲むと満足感が得られます。

おやつ変わりに高タンパクきな粉スムージー

【材料】
バナナ…1/2本
豆乳…1カップ
きな粉…20g
くるみ…お好み

【作り方】
すべての材料をミキサーにかけてなめらかにします。
ダイエット中は節制している分どうしても甘いものがほしくなります。そんな時には甘いスムージーで美味しくお腹を満たしましょう。食事の前に少量のむのも食べ過ぎを予防できて効果的です。バナナと豆乳の自然な甘さにきな粉の香ばしさでスイーツのような優しいスムージーです。

くるみは抗酸化作用があるポリフェノールが豊富です。さらに注目のオメガ3はナッツの中でも断トツの含有量で動脈硬化を防ぎ、コレステロール値、中性脂肪値を下げてくレル働きがあります。ダイエット中にも健康を意識した満足感のあるスムージーです。

ダイエット中の食べられないことへのストレスなどはビタミンB群の欠乏によるものです。豆乳にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6がバランスよく含まれていてイライラを押さえてくれる働きがあります。

関連記事

  1. 腸内環境を整えるヨーグルト

    滑らかな口当たりで仕上げる豆乳スムージーのレシピ

  2. リンゴの健康効果

    玄米甘酒をプラスした「飲む美容液」スムージー

  3. からだの中から温まるホットスムージーレシピ

    からだの中から温まるホットスムージーレシピ

  4. 血液をサラサラにするスムージーレシピ

  5. 豆乳や枝豆を使った美肌効果抜群のスムージーレシピ

    爽やかな香りのレモンのスムージーのレシピ

  6. スムージーの美容健康効果

    コレステロール対策にゴマのスムージーのレシピ