野菜の王様モロヘイヤを使ったグリーンスムージー

最近では、スムージーのレシピも増え、美容や健康そしてダイエットなど目的に合わせて、効果や効能にもかなり期待が持てるようになりました。

今回は、野菜の王様といわれるモロヘイヤを使ったスムージーに注目したいと思います。

モロヘイヤの選び方と保存方法

モロヘイヤを購入する時は、葉が濃い緑色で葉先が変色していないものを選ぶようにしましょう。

モロヘイヤの鮮度が落ちると、固くなり茎の切り口が茶色く変色し、葉がしなびれています。

保存方法は、モロヘイヤを軽く茹でた後、水気を切り小分けにしてラップに包んで保存袋に入れて冷凍してください。

モロヘイヤにはどんな効果があるの?

モロヘイヤは、青汁の材料として使われるほど栄養成分が豊富な野菜の一つになります。

ビタミンE、ケラセチン、ミネラル、ビタミンKなどたくさんの栄養素が豊富に含まれています。

その中でも期待される健康効果が、ネバネバ成分のムチンです。

ネバネバ成分のムチンの正体

モロヘイヤは、刻むとネバネバした成分がでてきますが、その正体がムチンです。ムチンは血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病に役立つといわれています。また、老化防止につながる効果があるといわれ、いつまでも若々しく元気でいたい人には有効な成分となります。

ムチンがもたらす効果は、血糖値の上昇をゆるやかにし糖尿病予防など生活習慣病対策になります。

また、食物繊維が豊富なため便秘予防の効果にも期待できます。

そのほかにも、豊富に含まれるビタミンCが免疫細胞の白血球を活性化させ、免疫力アップにも効果を発揮します。

モロヘイヤには美容成分もたっぷり

モロヘイヤには、β―カロテンやビタミン・ミネラルなど様々な栄養素が含まれています。

β―カロテンには、免疫力を高めたり、美肌効果などがあります。モロヘイヤを摂取することで、体の内側からキレイになることができます。

また、植物繊維は、便秘の解消に役立ちます。

相性の良い野菜やフルーツにモロヘイヤをプラスしたグリーンスムージーを摂取することで、体の内側から健康・美容効果を得ることができます。

モロヘイヤとバナナのスムージー

【材料】

・バナナ…2本

・モロヘイヤ…1/4パック

・モモ…2個

・牛乳…200cc

・水…50cc

・ハチミツ…大さじ2

果物の皮をむいてカットしたら、ミキサーに材料を入れてなめらかになるまで撹拌します。モモによって、甘みが薄く、水分が多すぎると水っぽい感じになるので、モモの甘さによってハチミツやバナナを増やしてもいいと思います。モモの代わりにスイカやリンゴなどを合わせても美味しいです。その時には牛乳をヨーグルトに変えることがポイントです。バナナやモロヘイヤに含まれる食物繊維には、便秘改善の効果も期待できます。

モロヘイヤのトロピカルスムージー

【材料】

・モロヘイヤ…一掴み

・バナナ …1本

・マンゴー…1個

・レモン…1/4個

バナナとマンゴーの皮と種を取ったら、一口大にカットします。材料をミキサーに入れなめらかになるまで撹拌します。

甘さが足りない時は、ハチミツを入れてください。サラッとした口当たりが好きな方は、好みの水分(豆乳・牛乳・水など)を入れてください。レモンをライムに変えるとかなり雰囲気の違うスムージーになります。

 

 

 

 

関連記事

  1. 美白効果が期待できる夜スムージー

  2. 血液をサラサラにするスムージーレシピ

  3. ほうれん草とアボカドを使ったスムージーレシピ

    ほうれん草とアボカドを使ったスムージーレシピ

  4. カリウムでむくみ解消が期待できるスムージーレシピ

  5. 季節にあったスムージーレシピで美味しく効果倍増

  6. スムージーの置き換えダイエット方法とおすすめ材料の組み合わせ

    便秘改善に効果的なスムージーの摂り入れ方とレシピ