痩せる身体作りに効果的なダイエットスムージー

ダイエット効果が期待出来るスムージーを作るために大切なことは、食材の選び方です。太るメカニズムと共に、ダイエットに効果的な食材を使ったスムージーのレシピをご紹介いたします。

糖質が低い食材を選ぶことがダイエット成功の秘訣

ダイエットの基本は、糖質量を控えめにして、血糖値のコントロールをすることです。糖質は体内でエネルギーになるために、消化酵素によって分解されて血液中でブドウ糖に変わります。この血液中のブドウ糖の割合が血糖値です。血糖値が急激に上がると、インスリンとういうホルモンが分泌されます。インスリンは、エネルギーとして使いきれず身体に残った糖質を脂肪として身体に蓄えてしまう働きがあります。また急激に上がった血糖値は下がりやすくなってしまい、またすぐに何かを食べたくなるという悪循環をもたらし、食べ過ぎてしまいます。太らない身体作りに大切なのは、血糖値の急激な上昇を防ぎ、穏やかに保つことが大切です。糖質の摂取量を減らせば、体内の脂肪がエネルギーとして燃やされますので、痩せやすい身体になります。また、血糖値を上げないためにはタンパク質を含んだ食べ物を最初に食べることが大切です。そのため、ダイエットスムージーでは、糖質量の少ない果物や野菜を使い、同時にタンパク質を補給出来て糖質量が少ない無調整豆乳を使うことがポイントです。ちなみに、調整豆乳は飲みやすくするために甘味を加えている為に糖質量が多いので、ダイエットを目的としたスムージーには適さないのでご注意ください。

糖質が少ない食材とスムージーを飲む時間

糖質が少ない食材として挙げられるのが、レタス、ブロッコリー、モロヘイヤなどの葉物野菜やアボカド、ブルーベリー、レモン、すりごま、アーモンドなどです。朝にスムージーを摂取することで、栄養の吸収力が高まります。腹持ちが良いので一日の食事の量が減り、朝食の置き換えダイエットとしての効果が期待出来ます。また、朝起きて水分を取ると、腸が活性化するので便秘対策も期待出来ます。冷たい飲み物は身体を冷やしてしまうので、出来るだけ常温で摂取しましょう。また、スムージーは時間が経つと酸化して栄養素が損なわれてしまいますし、酵素が壊れてしまいますので、出来立てのフレッシュなスムージーを摂取することを心掛けましょう。

ダイエットに効果的なスムージーのレシピ

糖質量を20gまでに抑え、水分は糖質の少ない無調整豆乳を使用します。材料をミキサーで攪拌して出来上がりです。

①ビタミンCたっぷりで美肌力もアップするレッドスムージー
(材料 一人分)
無調整豆乳 3/4カップ
赤パプリカ 50g
イチゴ 100g

②ダイエットグリーンスムージー
(材料一人分)
キャベツ 一枚
モロヘイヤ 20g
セロリ 40g
レモン汁 10g
無調整豆乳 3/4カップ
(モロヘイヤに含まれるムチンは血糖値の上昇を穏やかにするのでダイエットに効果的です)

③ビタミンたっぷりな美容スムージー
(材料一人分)
ほうれん草 50g
レタス 1枚
トマト 1個
無調整豆乳 3/4カップ

ダイエット期間中は、スムージーだけでなく全体の食事においても、糖質量を控えめにすることを心掛けてください。白い精製されたお米は避けて、血糖値の上昇を穏やかにする玄米を摂取することがおすすめです。糖質を抑えながらも、必要な栄養素を摂取することが出来るスムージー作りを毎朝の習慣にして、痩せやすい身体づくりを目指しましょう。

関連記事

  1. スムージーの美容健康効果

    生よりも栄養価がアップする冷凍食材を使ったスムージー

  2. ほうれん草とアボカドを使ったスムージーレシピ

    疲れがたまったら洋ナシのスムージーで疲労回復

  3. 女性にうれしくおいしいトマトスムージーと豆乳スムージーレシピ

    女性にうれしくおいしいトマトスムージーと豆乳スムージーレシピ…

  4. デトックス効果で体の中から美しくなるパイナップルスムージー

  5. キウイの美肌パワーたっぷりのスムージーレシピ

  6. 授乳に必要な栄養素がたっぷり含まれたスムージー