疲れがたまったら洋ナシのスムージーで疲労回復

ほうれん草とアボカドを使ったスムージーレシピ

ラ・フランスで知られる洋ナシは、タルトなどのデザートでよく見かける果物です。日本の和梨と比べて甘い香りとねっとりした独特の食感が魅力的です。

一度食べたらクセになる洋ナシの栄養成分や効果効能について紹介したいと思います。

カリウムの効果に期待

洋ナシには、少しずつたくさんの栄養素が含まれています。洋ナシには、バナナに含まれていることで知られているカリウムが豊富に含まれていて、体内で余分なナトリウムを排出する働きがあります。

血圧の上昇を抑え高血圧の予防にも効果があり、むくみを予防することができます。むくみで悩んでいる女性には、意識して洋ナシを摂取することをおすすめします。

相乗することで効果に期待が持てる

洋ナシには、疲労回復に働くアスパラギン酸が含まれています。アスパラギン酸やそのほかの栄養素の含有量が多いわけではないのですが、色々な成分が相乗することで疲労回復などいろいろな効果が期待できるようになります。

洋ナシプラス食物繊維の多い食材で便秘解消

ペクチン(ねっとりした食感)の含有量が多く、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が含まれています。水溶性食物繊維とソルビトールが相乗して便秘を改善し、腸内環境も良くしてくれます。

便秘に悩んでいる方は、洋ナシと食物繊維の多い野菜と組み合わせするたスムージ―を摂取することをおすすめします。

洋ナシとリンゴのスムージー

【材料】

・小松菜…2束

・洋ナシ…1/2個

・リンゴ…1/2個

・牛乳…100cc

・シナモン…少々

洋ナシとリンゴは皮をむいて、種とヘタを取りカットし、小松菜もざく切りしたらすべての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌します。

グラスに注いだら、シナモンパウダーをふりかけます。

洋ナシが甘いので、ハチミツやバナナがなくても充分おいしくできました。小松菜の量を増やしたり好みでグリーンや果物を調節するといいです。食物繊維の多いリンゴとビタミンやミネラルの多い小松菜を合わせることで、便秘解消に役立ってくれます。

冷えが気になる方は、ミキサーで撹拌した後にレンジで軽く温めてホットスムージーにすると、よりおいしくいただけます。

シナモンの香りが広がってリラックスできます。

洋ナシと小松菜のスムージー

【材料】

・洋ナシ…1個

・小松菜…2束

・アボカド…1個

・バナナ…1本

・レモン…1切れ

・ヨーグルト…150g

・ハチミツ…大さじ2

洋ナシやアボカドやバナナは皮をむいて一口大にカットし、小松菜はざく切りにしてすべての材料をミキサーに入れ撹拌します。

甘めのスムージーが出来上がりましたが、レモンの酸味がかすかに香ります。バナナに含まれるカリウムは、むくみ防止に効果があり、アボカドには、生活習慣病の予防が期待できるビタミンEが含まれています。洋ナシ独特の甘さや香りを味わうためにもっとシンプルなレシピにするとデザートスムージーにおすすめです。

洋ナシとグレープフルーツのスムージー

【材料】

・洋ナシ…1/2個

・グレープフルーツ…1/4個

・パイナップル…1/4個

・キウイ…1個

・小松菜…一束

・牛乳…50cc

グレープフルーツの外側の皮をむいて、一口大にカットします。キウイは両端の固いところを切り落とします。そのほかの材料も一口大にカットしたらミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌します。

洋ナシに含まれているカリウムには、体内のナトリウムを排出させる働きがあるので血圧の安定やむくみ防止に効果があります。

 

関連記事

  1. 旬のフルーツを使ったお酒スムージーレシピ

  2. アサイーのアンチエイジングに効果があるスムージーレシピ

  3. 風邪予防にはビタミンたっぷりなグリーンスムージーにプラス1

  4. 持ち歩けるスムージーを作るための作り方や注意点

  5. 美白効果が期待できる夜スムージー

  6. 女性にうれしくおいしいトマトスムージーと豆乳スムージーレシピ

    女性にうれしくおいしいトマトスムージーと豆乳スムージーレシピ…