生理痛対策に効果的なスムージーのレシピ

生理中の一番の悩みといえば辛い生理痛ですね。生理痛を引き起こす大きな原因はプロスタグランジンと呼ばれるホルモンに似た物質が分泌されるからです。プロスタグランジンは子宮を収縮させ、子宮への血流を減少させて、子宮内の痛みを敏感にさせる作用があります。生理痛が重い女性は、生理痛が軽い女性よりもプロスタグランジンの量が多いと言われています。

また、排卵後から生理にかけて、女性の体内ではプロゲステロン(黄体ホルモン)が急激に増え、ホルモンバランスが急激に変化するので、イライラしたり、気持ちが落ち込んだり、情緒不安定になるといったメンタルへの影響もあります。生理前に起こるさまざまな心身の不調のことをPMS(月経前症候群)と言います。辛い生理にまつわる症状を緩和するために役立つスムージーレシピをご紹介します。

生理痛の予防に効くスムージーレシピ

①豆乳 80ml
②生姜 1かけ
③パイナップル 50G
④ほうれん草 100G
⑤パセリ 1/2
④レモン汁 適量
⑤きなこ 適量
⑥はちみつ 小さじ1

各食材がもつ効用

①生理痛やPMSを和らげる豆乳、きなこ、はちみつ

生理痛が辛い方は、子宮収縮を抑える働きを持つマグネシウムを含む食品を摂ることがおすすめです。マグネシウムは、きなこや豆乳などの大豆製品に豊富に含まれています。また、きなこや豆乳が含むイソフラボンはPMSや生理中の精神的な不調を緩和する効果も期待出来ます。大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きを持っていて、ホルモンバランスを整える効果があります。そして天然の薬と呼ばれているはちみつには、生理痛を和らげる効果もあると言われています。その効果は鎮痛剤に匹敵するほど、という研究報告もあります。

②からだを温める生姜

生理痛の予防には、体を冷やさないこと、血液の循環を良くしておくことが大切です。冷え症で悩む女性は生理痛になりやすいので、生姜を摂取する習慣をつけることをおすすめします。生姜には体を温め、血行を促進してくれる作用があります。体の循環を促して、子宮の過度な収縮を防ぐことで、生理痛を和らげる効果が期待出来ます。

③貧血予防にほうれん草とパセリ

生理中は、経血により貧血になる女性が多いですね。貧血の予防には、鉄分を含むパセリやビタミンB12が含まれたほうれん草を飲むことで、貧血の防止が期待出来ます。

④生理中のストレスにパイナップル

ストレスが溜まりやすい生理中に摂取したい食材はビタミンB1を含む食材で、代表的な食材がパイナップルです。ビタミンB1は神経を落ち着かせリラックスさせる働きがあると言われています。ビタミンB1は加熱調理によって栄養が損失しやすいので、スムージーで摂取することが効果的です。

③シミ・肌荒れ、鉄分の吸収力をアップさせるレモン

ホルモンの影響で、シミ・肌荒れが起きやすい生理中はビタミンCを積極的に摂取しましょう。ビタミンCも加熱により栄養成分が損なわれてしまうので、生の状態でスムージーにして摂取することが効果的です。ビタミンCは、シミやソバカスの元となるメラニン色素の沈着を防ぐ効果があります。また、炎症を抑えたり、皮脂をコントロールするため、ニキビなど肌荒れにも効果的です。そして、鉄分と同時に摂取することで、鉄分の吸収力がさらに高まります。

辛い生理痛でお悩みの方は、ぜひお試しくださいね。

関連記事

  1. 免疫力を高められるしそを使ったスムージーのレシピ

  2. 飲みやすく美味しいスムージーレシピで目指せ健康美人

  3. パプリカを使った色鮮やかなスムージーのレシピ

  4. 食物繊維たっぷり、ゴボウのスムージーのレシピ

  5. 腸内環境を整えるヨーグルト

    バナナが主役のスムージーの大満足レシピ

  6. 血液サラサラを目指す絶品スムージーレシピ

    ダイエットにおすすめ、青パパイヤのスムージーのレシピ