栄養豊富なブロッコリーがスムージーに最適な理由

血液サラサラを目指す絶品スムージーレシピ

スムージーには、小松菜やホウレン草そしてケールなど緑黄色野菜の中でも葉物野菜がよく使われています。しかし、同じ緑黄色野菜のブロコッリーも栄養素が豊富なうえ、一年中安定した価格のため、毎日欠かすことのできないスムージーに適した食材です。

ダイエットに人気のブロッコリー

ブロッコリーは、緑黄色野菜の中でも栄養が豊富で、クセがないことから人気の野菜の一つです。また、ボリュームがあるわりに低カロリーで魅力的な栄養素がたっぷり入っているため、キレイに痩せると注目されています。

普段は、熱を加えて料理して食べることの多いブロコッリーですが、実は生で食べることができます。(茹でたブロッコリーに比べると、消化が悪いので食べ過ぎに注意してください。)ここでは、栄養満点のブロッコリーの栄養素とブロッコリーを使ったスムージーのレシピを紹介したいと思います。

ブロッコリーの意外な栄養素

ブロッコリーには、ビタミンやミネラルなどバランスよく含まれていますが、その中でもビタミンCの含有量は飛びぬけています。

また、普段私たちが食べている小さなつぼみが集まった部分の栄養価も高いのですが、見過ごされがちな茎や葉の部分にも栄養価はつぼみと変わらないくらい豊富に含まれています。

茎の部分には、食物繊維のほかビタミンCや抗酸化力が強いβカロテンも多く含まれているので、花蕾だけでなく茎まで食べると栄養素がたっぷり摂れます。

このブロッコリーの栄養素を体内に取り入れることで、美肌効果から腸内環境を改善する効果まで期待されます。そのほかにも、生活習慣病からがんの予防にも注目されています。

茎の固い部分を取り除いてスムージーにするとブロッコリーの栄養素を丸ごと味わうことができます。

生ブロッコリーとチアシードのスムージー

【材料】

・生ブロッコリー…2~3個

・キウイ…1個

・オレンジ…1/2個

・チアシード…大さじ1

・水…150㏄

キウイやオレンジを一口大にカットし、生ブロッコリーは細かく刻みます。一晩水に浸してふやかしたチアシードもすべてミキサーに入れたら、なめらかになるまで撹拌します。

生のブロッコリーは、甘く青臭さも少ないですが、柑橘系と相性がいいのでいろいろ試してみてください。

デトックス効果抜群ブロッコリーとパインのスムージー

【材料】

・ブロコッリー…2~3房

・パイナップル…1/4個

・バナナ…1本

・水…50cc

ブロッコリーは、茹でて粗熱を取ったものを準備します。パイナップルとバナナを一口大にカットし、すべての材料をミキサーに入れなめらかになるまで撹拌します。

パイナップルを入れることでトロピカルな感じになります。パイナップルの食物繊維とカリウムが便秘予防とむくみを防止してくれます。

ブロッコリーとバナナのクリーミースムージー

【材料】

・ブロコッリー…2~3房

・バナナ…1本

・ヨーグルト…100㏄

・牛乳…100㏄

・レモン…少々

・ハチミツ…大さじ1

バナナとブロッコリーを適当な大きさにカットし、すべての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌します。

ヨーグルトとバナナが入ることで、クリーミーで腹持ちの良いスムージーになり置き換えダイエットにも最適な一品です。レモンのビタミンCが美肌効果に期待でき、バナナに含まれるカリウムがむくみを防止してくれます。

関連記事

  1. プルーンを使ったお腹すっきりスムージーレシピ

  2. 栄養素を壊さずスムージーにする方法とりんごを使ったスムージーレシピ

    パプリカパワーの詰まったスムージーレシピ

  3. シリアルを入れて食べられるスムージーのレシピ

  4. パセリの持つグリーンパワーレシピ

  5. ごまを使った若返りパワー抜群のスムージーレシピ

  6. 手動ミキサーで作るスムージーレシピと

    栄養のクロスオーバー、玄米甘酒スムージーのレシピ