栄養豊富なスムージーでレシピで免疫力アップ

栄養豊富なスムージーでレシピで免疫力アップ

大葉は刺身の盛り合わせや薬味として多く使われますがスムージーにも多用される食材です。添え物としての印象が強い大葉ですが実はとても重要な効能が含まれています。大葉の知られざる効能やスムージーのレシピをご紹介します。

健胃効果・殺菌効果があるぺリアルデヒド

大葉独特の爽やかな香りの成分はぺリアルデヒド成分に由来しています。このぺリアルデヒドには食品に対して防腐・殺菌作用を持っています。免疫力を高めて風邪の予防などにも効果があります。

刺身のツマに大葉が添えられたりするのはこの防腐・殺菌作用を利用して生魚にあたることを防ぐ効果を利用したものです。また、ぺリアルデヒドは臭覚神経を刺激して胃液の分泌を促し、食欲を増進させ、健胃作用もあるといわれています。夏のそうめんや冷奴に使われるのは彩の面だけでなく夏バテで疲れた胃に効果がある、しっかりとした科学的根拠があってのものだったのです。

大葉にはビタミンB1、B2、B6、Cなどのビタミン類、βカロテンやカルシウム、鉄やマグネシウム、亜鉛など様々な栄養が一枚にギュッと詰まっています。どれも不足しがちな栄養で、スムージーに数枚入れるだけでも栄養面でバランスの良いものになります。

カリウムも多く含まれ、利尿作用があるため夏場摂りすぎた水分でのむくみなども解消してくれます。

小松菜とマンゴー入り大葉スムージー

【材料】
小松菜…1株
トマト…1個
冷凍マンゴー…好みで3~5個
大葉…10枚
りんご…1個

すべての材料を一緒になめらかになるまでミキサーにかけます。冷凍マンゴーのおかげで自然な甘さが飲みやすいスムージーです。小松菜とりんごのビタミンCたっぷりで大葉の香りが楽しめるスムージーです。

グレープフルーツと大葉のスッキリスムージー

【材料】
ホワイトグレープフルーツ…1個
大葉…10~20枚
レモン汁…1個分
生姜…1片
氷…適量

グレープフルーツは小房ごと使ってペクチンと食物繊維を残さずとりましょう。レモン汁とグレープフルーツの酸味が夏の疲れた体に沁みわたる、スッキリした飲みやすいスムージーです。生姜には殺菌効果やからだを温める効果があります。辛味が気になる場合は入れなくても構いません。はちみつ漬けの生姜を作っておけば調味料としてスムージーに使えます。

イライラ解消!パイナップルと大葉のスムージー

【材料】
大葉…10枚
パイナップル…1/4個
水・氷…ほんの少し

好みの濃度になるまで水を入れながらミキサーにかけます。大葉の香りには気持ちを穏やかに落ち付ける効果があります。疲れた時、落ち着きたいときに効果があるスムージーです。また、パイナップルはたんぱく質分酵素をもっており、ステーキなどの肉料理を食べる前飲むことで消化を手助けしてくれます。

免疫力アップ大葉スムージー

【材料】
りんご…1/2個
ほうれん草…2束
バナナ…1/2本
大葉…3枚
水…100cc
はちみつ 適量(お好みで)

野菜とフルーツがバランスよくたっぷり入ったスムージーです。大葉には免疫力を高める高があり、風邪の予防にも効果があります。風邪のひき始めだな、と思ったらぜひ試してみたいスムージーです。身体を冷やすのは風邪によくないため、氷は控えた方がよいでしょう。

みずみずしい桃を使った、甘くて栄養豊富なスムージーのレシピ

桃は水分が多く含まれている瑞々しい果物で、残念ながら他の果物のように栄養が豊富につまっているわけではありません。ほとんどが水分で構成されている果物で、その中に含まれた栄養は微々たるものになりますが体に良い影響のある物ばかりです。この記事では桃の栄養や桃を使ったスムージーのレシピをご紹介いたします。

桃に含まれている栄養

桃にはこれといって抜きんでた栄養はありませんが、食物繊維や水溶性のビタミン、カリウムなどが含まれており様々な栄養を少しずつ摂ることができます。桃で栄養を補給するというより、スムージーで桃の甘みを使い他の野菜を取りやすくしたり、そのまま甘味として生で食べることの多い果物です。
しかし桃は水分が豊富であり、これは決して意味のない部分ではありません。梨やスイカも同じく水分が多く含まれていますが、これらの果物は日常的な水分補給にも役立ちます。一日に必要になる水分は人によって異なりますが、現在多くの人が体に必要な水分を摂取できていません。実は水分補給としてお茶やコーヒーを飲むことはNGであるため、普段から水を飲む習慣がない方は知らない間に水分が不足しているかもしれません。お茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があることが有名です。この成分が体内の水分をどんどん出してしまう原因となるため、結果的に体に必要な水が足りなくなってしまいます。果物に含まれている水分にはそれらがありませんので、適度に身体に染み渡るようになっています。
他に、桃の果実に多く含まれている物といえばミネラルの一種であるカリウムです。バナナや豆類に多く含まれる栄養ですので、体を正常に保つために多く摂取する必要があります。現代の社会人に不足しがちな成分でもありますので少し意識して、カリウムのたっぷり入った野菜や果物を摂取していただきたいです。

桃を使ったスムージー

【材料】
桃・・・1個
キウイ・・・1個
パセリ束・・・半分
レモン汁・・・小さじ1
牛乳・・・200cc

これで2人分の分量になりますので人数や飲む量によって調整してください。ももは種だけとってしまいうぶ毛を水で落としてから切りましょう。キウイも皮ごと切ってしまって問題ありません。全ての材料を一口大にカットしてミキサーにかけてください。もし甘みが足りないと思ったらはちみつを混ぜるとよいでしょう。

パセリは普段食べることは少ないかもしれませんが、実は豊富な栄養を持っている野菜です。少々苦みや風味が強く苦手な方も多いですが、βカロテンやビタミン群、ミネラルの含有量は野菜の中でもトップクラスです。桃などの甘みの強い果物と合わせたり牛乳や豆乳を使うことによって滑らかになり飲みやすく仕上げることができるため、是非パセリ入りのスムージーにチャレンジしてみてください。

桃の種や葉について

桃には栄養や水分がたくさん含まれており体にありがたい効果があるのですが、本当に効き目があるのは桃の種と葉なのです。種には非常に強い血液循環作用があり、葉には利尿剤や下剤としての効果があります。しかしどちらも効果が強すぎるため、使用の際には漢方の専門家に相談する必要があり、スムージーに使うことはできないためご注意ください。

関連記事

  1. 青汁を使った飲みやすいスムージーレシピに挑戦

  2. 手動ミキサーで作るスムージーレシピと

    さつまいもで満足感アップのスムージーレシピにチャレンジ

  3. 腸内環境を整えるヨーグルト

    バナナが主役のスムージーの大満足レシピ

  4. ほうれん草とアボカドを使ったスムージーレシピ

    疲れがたまったら洋ナシのスムージーで疲労回復

  5. スムージーの美容健康効果

    生よりも栄養価がアップする冷凍食材を使ったスムージー

  6. 疲労回復や風邪予防に効果的なスムージーのレシピ