暑い夏に飲みたい、夏バテ対策のスムージーレシピ

夏だからこそ冷たいスムージー

本格的な暑さが始まると、冷たいものを作るのも買いに行くのも億劫になってしまいます。そうなる前に夏バテ対策として、冷たいスムージーを飲んで体を中から冷やしていきましょう。この記事では夏に飲んでいただきたい、夏バテに効くスムージーや夏に摂らなくてはいけない栄養についてご紹介いたします。

夏に不足しがちな栄養

夏バテの主な症状として、簡単なことでもすぐに疲れてしまったり食欲や気力が湧かないという状態が続きます。これは体が無理をしているためについていけず、自律神経が少々鈍くなっていることが原因です。水分不足や栄養不足、暑さによる体力の消耗から来ているため予防や対策することによってある程度抑えることができます。
まず、体内にエネルギーを作りだすためにはビタミンBが必要です。ビタミンB1が特に有効で、これは豚肉に多く含まれている栄養です。暑い夏だからこそ肉を食べてスタミナをつけるというのは非常に良い考えですので、是非実践してください。肉はスムージーに入れることはできませんが、他にもビタミンB1はゴマやきなこなどに含まれていますので、こちらの材料は積極的にスムージーに入れて摂取しましょう。
じめじめした時期にも当てはまりますが、暑さにより汗をかくと体温を下げることができます。しかし汗をかくということは体内の水分やミネラルを多く排出しているということですので、夏は定期的なミネラル・水分の補給が必要です。これらはスポーツドリンクを飲むと同時に摂取できるためおすすめです。スムージーで使える材料ならば、ほうれん草にミネラルが豊富に含まれているため素材に使うとよいでしょう。

夏バテ対策のスムージー

夏バテしていると感じてから飲んでも、そうなる前の予防として飲んでも効果的なスムージーのレシピをご紹介いたします。

<材料>

ゴーヤ・・・1/4

バナナ・・・1本

牛乳・・・200cc

はちみつ・・・適量

材料を一口大のサイズにカットしてミキサーにかけてください。少々苦みが強い場合がありますので、味見して少し飲みづらいと感じたらはちみつを多めに入れてください。少し時間を置いてしまうとゴーヤの苦味がさらに強くなってしまうため、出来るだけ出来立てを飲みましょう。

<栄養について>

ゴーヤには食欲増進の効果があり、尚且つ食物繊維・カルシウム・鉄分・ビタミンCと体に必要な栄養素が豊富に含まれているため積極的に料理やスムージーに取り入れてください。ゴーヤは夏野菜であるため、他の季節ではなかなか見ることができません。折角ですから旬の野菜を使ったスムージーを飲んでいただきたいです。

夏バテはだるいだけではない

夏バテには上記のような原因が考えられますが、その状態が長く続くことにより免疫力が低下している可能性があります。それに気付かずにただ少しだるいと思っているだけですので、夏バテが終わったと思ったら夏風邪をひいていたということも非常に多いです。夏風邪は咳があまり出ないかわりに、のどの痛みが激しかったり下痢になりやすいという症状が見られます。微熱が長く続き体力がどんどん消耗されるため、夏バテと似たような症状だと思いつい放っておきがちですが、あまりにも長びくようでしたら一度病院に行くことをおすすめします。

関連記事

  1. 免疫力を高められるしそを使ったスムージーのレシピ

  2. パセリの持つグリーンパワーレシピ

  3. バナナスムージーのアレンジレシピ5選

  4. 腸を活性化させお通じを整える、食物繊維が豊富なスムージーのレ…

  5. 目的別!効果アップのスムージーレシピ5選

  6. 赤シソを使った夏バテ知らずのスムージーレシピ