美肌と免疫力アップに効果的なゆずスムージー

スムージーに取りいれて頂きたい食材は栄養素が最も高まっていると言われる旬の野菜や果物です。そこで、10月から12月に旬を迎えるゆずの栄養効果と、ゆずを使ったスムージーのレシピについてご紹介します。

ゆずを美味しく効果的に摂取するにはスムージーがおすすめ

ゆずには果実よりも皮や種に多くの栄養素が含まれていますので皮や種は捨てずに、丸ごと摂取されることをおすすめします。また、ゆずに含まれるビタミンC、B1、B6などの成分は熱に弱く酸化しやすいので加熱せずに生の状態で摂取したいものです。しかし、ゆずは酸味が強すぎるので、みかんのように生で食べることは難しい食材です。スムージーの食材に加えることで、美味しく効果的にゆずのパワーを摂取しましょう。

ゆずの皮に含まれる栄養成分ペクチンの効果

ゆずの皮に含まれる栄養成分で最も注目したい成分がペクチンです。ペクチンは水溶性の食物繊維です。ペクチンには、腸内に生息する善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きや老廃物をデトックスしてくれる働きがあります。腸内環境が良くなることで、免疫力が高まり、風邪や病気にかかりにくくなると言われています。また、ペクチンには、糖分の吸収を抑制して血糖値の上昇を穏やかにする作用やコレステロールの上昇を抑える働きがあると言われています。血糖値の急激な上昇は、インスリンというホルモンを分泌し身体に吸収されて消費しきれなかった糖分を脂肪に蓄えてしまいます。血糖値をコントロールさせることはダイエットや生活習慣病の予防に効果があります。

ペクチンがもたらす美肌効果

ペクチンの中に含まれるミネラルのケイ素は肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進します。年齢の積み重ねと共に肌の新陳代謝は衰えていくので、アンチエイジング対策に効果をもたらします。確かに、透き通るような美肌をもつ韓国美女は、ゆず茶を飲むことを習慣にしていますよね。ゆず茶は、ゆずの皮が豊富に含まれたゆずのジャムを白湯に加えた飲み物で、ゆずの皮がもつ栄養素がたっぷりと含まれた飲み物です。韓国美女の美肌の秘訣はゆずを習慣的に摂取することかもしれませんね。

ゆずの果実に含まれる栄養素

ゆずの果実にも、ビタミンCやカリウムなどの栄養素が含まれています。ビタミンCは美肌や疲労回復に効果的ですし、カリウムは老廃物を排出して、むくみを予防してくれる効果がありなす。

ゆずの香り成分

香りは人間の感情や行動、記憶を司る大脳辺縁系に直接働きかけます。ゆずの爽やかな香りによって、リフレッシュやリラックス効果をもたらしてくれるので、疲労回復に効果的です。日本には冬至にゆず湯に入ると風邪をひかない、という言い伝えがあります。これは、江戸時代からはじまった習慣だそうです。冬至→湯治(とうじ)、ゆず→融通(ゆうずう)をキャッチフレーズにして、『お湯に入って融通良く行きましょう』という、集客を目的としてはじめたことで日本の習慣になりました。江戸時代の日本人がアロマがもたらす効用について知識があったかどうかは定かではありませんが、香りの効果を本能的に察知していたのかもしれません。

ゆずのスムージーレシピ

ゆず(皮ごと)10g
小松菜 30g
りんご 60g
豆乳 3/4カップ
はちみつ 小さじ1

すべての食材をミキサーで攪拌して出来上がりです。ゆずの栄養素は皮に最も含まれていますので、皮ごとミキサーに入れてください。βカロテンを含む小松菜に、りんごや豆乳、はちみつをレシピに加えた、飲みやすく美味しく頂けるレシピです。ぜひお試しください。

関連記事

  1. パプリカを使った色鮮やかなスムージーのレシピ

  2. 授乳に必要な栄養素がたっぷり含まれたスムージー

  3. デトックス効果抜群のグリーンスムージーレシピ

  4. 食物繊維たっぷり、ゴボウのスムージーのレシピ

  5. 豆乳や枝豆を使った美肌効果抜群のスムージーレシピ

    豆乳や枝豆を使った美肌効果抜群のスムージーレシピ

  6. スムージーと酵素ドリンク

    ゴールドキウイを使ったビタミン豊富なスムージーレシピ