女性にうれしくおいしいトマトスムージーと豆乳スムージーレシピ

女性にうれしくおいしいトマトスムージーと豆乳スムージーレシピ

スムージーを色鮮やかにする

サラダの上に乗せるだけで彩りを加えられるトマトは非常に栄養豊富であり、加熱料理でも生のジュースにしても美味しくいただける万能の野菜です。トマトとその他の赤い野菜を使い赤みが増したスムージーのことをレッドスムージーと呼び美容効果が高いため、このような女性に人気のあるスムージーもトマトで作ることができます。この記事では、トマトの栄養やトマトを使ったスムージーのレシピをご紹介いたします。

トマトに含まれる栄養

トマトの栄養で有名なのは「リコピン」であり、この成分は抗酸化作用が強いため肌のトラブルであるシミやしわを改善させる若返りの効果が期待できます。また、トマトがダイエット中の食事に取り入れるべきと言われているのは豊富に含まれている食物繊維と、このリコピンが脂肪を蓄積しにくいという特徴があるためだと思われます。
そしてトマトは酸味のきいたものが多いですが、この酸っぱさにも体にありがたい成分が含まれています。レモンやトマトなどの酸っぱい成分はクエン酸と言われ、これは疲労回復効果のある栄養です。よく運動する方は定期的に取っていると思われますが、クエン酸は夏バテや身体的に疲れた時に効果を発揮し、回復を早めてくれます。
トマトは皮ごと食べることによって、皮に多く含まれている「ケルセチン」という少々聞き慣れない成分を摂取することができます。これは血管を強くする効果があり、動脈硬化など血管に関する病気の予防にもなるため、トマトはスムージーだけでなく、積極的に料理に使って食べていただきたい野菜です。

トマトを使ったレッドスムージー

免疫力を高められ、美容効果も期待できる真っ赤なスムージーのレシピをご紹介いたします。

<材料>

トマト・・・1個
ラズベリー・・・60g
水・・・30cc
はちみつ・・・適量

ラズベリーは冷凍のものをそのまま使って問題ありません。トマトを一口大にカットして、全てミキサーに投下しましょう。トマトもラズベリーも酸っぱい食材ですので、苦手と感じたらはちみつや砂糖を多めに入れるなど調整してください。使う材料の少ないレシピですので、これにバナナやりんごを混ぜて甘みを出したり、牛乳や豆乳を混ぜてクリーミーに仕上げても良いと思います。特にトマトはバナナと使われることも多く、相性も良いため飲みやすく仕上げることができます。自分のオリジナルブレンドを作りましょう。

<含まれている栄養>

トマトと同じくラズベリーもダイエットに効果のある果物と言われており、ポリフェノールやビタミンが豊富であるため強い抗酸化作用を持っています。この二つの素材を合わせることで、少ない量のスムージーでもなかなか体に取り入れることができない必要な成分を十分に摂取することができます。

トマトを使ったスムージーを作りたい場合は、真っ赤に完熟したトマトを選びましょう。赤くて少し柔らかくなったトマトが一番栄養豊富でありますので、もし少し緑がかっていると思ったら数日置いて様子を見てください。トマトは赤みが全く感じられない緑の状態でも、日光に当て置いておけば赤く熟していく野菜です。トマトは体に優しい野菜ですので、この機会に是非習慣的に食べていただきたいです。

きな粉を使った女性にうれしくおいしいスムージーレシピ

和菓子に広く使われるきな粉は大豆を粉にしたものです。その香ばしい香りやほのかな甘みはスムージーの材料としてもとても重宝する食材です。栄養満点、女性にうれしい効果もたくさんのきな粉を使ったスムージーレシピをご紹介します。

大豆イソフラボンは女性の味方

きな粉に含まれる「大豆イソフラボン」はポリフェノールの一種でコレステロールを下げる働きや抗酸化作用があると言われています。また、大豆イソフラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きがあり、女性特有の冷え症や便秘などの改善にも効果的な成分です。

エストロゲンは極端なダイエットなどのストレスによっても減ってしまうことが知られており、代わりにきな粉をスムージーに入れて補うことができます。

高たんぱく質で良質な筋肉を作り代謝アップ
大豆は低コレステロールで良質なたんぱく質を多く含む食材です。ダイエットをする際体重が減ることばかりを気にしてしまいがちですが実は重要なのは筋肉を付けて代謝を上げることにあります。代謝が上がれば太りにくく、運動をすれば痩せやすい身体作りに繋がります。

その筋肉に欠かせないのが良質のたんぱく質です。

バナナのきな粉スムージー
【材料】
バナナ…2本
豆乳…300cc
きな粉…大さじ2
はちみつ…大さじ2

バナナのカリウムでむくみを予防し、豆乳ときな粉のダブルイソフラボンパワーで女性にうれしいスムージーです。

にんじんりんごきな粉スムージー
【材料】
にんじん…半分
りんご…1/4個
きな粉…適量
はちみつ…お好みで少し

りんごの食物繊維、にんじんのカロテンときな粉を組み合わせた濃厚で満腹感のあるスムージーです。お好みで水か豆乳で濃度を調整してください。りんごには血液をサラサラにする効果も期待できます。

アボガドときな粉のまろやかスムージー
【材料】
アボカド…1個
ヨーグルト…1/2カップ
牛乳…1カップ
はちみつ…大さじ2~3
きなこ…お好み

不飽和脂肪酸がたっぷり入ったアボガドのまろやかさときな粉の香ばしさが際立つミルクベースのスムージーです。酸味がほしい場合はレモンやりんごなど好みで入れてください。アボガドの良質なオイルは肌や髪の毛につやを与えてくれます。アボガドの変色を防ぐためにほんの少しのレモンを入れるとビタミンCも補えて一石二鳥です。

アーモンドミルクの黒ごまきな粉スムージー
【材料】
バナナ(冷凍したものを使用)…1/2本
アーモンドミルク(豆乳などでもOK)…150cc
黒すりごま…大さじ1.5
きな粉…大さじ1
はちみつ…大さじ1/2

アーモンドミルクの甘いベースにすりゴマときな粉の香ばしさをプラスしたおやつのようなスムージーです。ダイエット中に甘いものが食べたくなったらきな粉の甘い風味のスムージーをゆっくり飲んでお腹を落ち着かせましょう。ボリュームがほしいときはバナナを入れることで満足感アップが期待できます。

すりごまは黒を使うことでより香ばしさが増します。ごまのセサミンは疲労回復や美肌効果、骨粗鬆症の予防にも効果が期待できる食事です。コレステロールの低下にも効果があり、健康診断で気になる数値が出た方も、毎日の生活に黒ごまを取り入れると効果ありです。

関連記事

  1. ほうれん草とアボカドを使ったスムージーレシピ

    疲れがたまったら洋ナシのスムージーで疲労回復

  2. 美白効果が期待できる夜スムージー

  3. 整腸作用が期待できるキャベツを使ったスムージーレシピ

  4. ポリフェノールたっぷり、ザクロスムージーのレシピ

  5. 栄養価がアップするホットスムージー

  6. 冷え予防に効果的な生姜を使ったスムージーレシピ