便秘改善に効果的なスムージーの摂り入れ方とレシピ

スムージーの置き換えダイエット方法とおすすめ材料の組み合わせ

一般的な便秘は食生活の乱れが原因の為、食生活を見直す事で便秘が改善されます。一日に必要と言われる食物繊維を食事のみで補うことは簡単な事ではありません。それを毎日続ける事は更に困難な事ですが、スムージーにする事で一度に沢山の野菜と果物を摂取出来るようになります。野菜と果物の食物繊維を余す事なく取り入れられ、一日に必要な栄養素も補えます。スムージーなら、材料をミキサーに入れて混ぜるだけで出来てしまうので手間も時間もかからないので毎日続けていけます。

便秘解消スムージーを効果的に取り入れる為のポイント

便秘解消目的でスムージーを取り入れる時に、しっかりと効果を実感できる為のポイントをご紹介します。

スムージーは常温で飲む

冷えた野菜や果物で作るスムージーや氷を入れる冷たいスムージーのレシピは、便秘解消の目的で摂り入れるには適していません。冷たいスムージーは内臓を冷やしてしまいます。胃や腸の消化器官は冷えると動きが鈍くなってしまいます。レシピで使う野菜や果物は常温にした状態で作るようにします。

食物繊維の摂取バランス

腸内の水分を吸収し便の量を増やす作用がある不溶性食物繊維と、水に溶け悪玉菌を減らし腸内環境を整える水溶性食物繊維があります。普段の食事で効率良く便秘を解消させるには、果物に多く含まれる水溶性食物繊維1に対し、野菜に多く含まれる不溶性食物繊維2のバランスが理想的です。不溶性食物繊維は摂りすぎると便秘を悪化させてしまう事があります。不溶性食物繊維は普段の食事などで比較的摂取しやすいため、スムージーでは食事で不足しがちな水溶性食物繊維を含む果物などを多く摂り入れると効果的です。例えば、いちご、りんご、バナナ、オレンジ等の柑橘類、ほうれん草、レタス等です。

作りたてのスムージーを飲む

スムージーは作り置きをせず、その都度1回で飲みきれる分を作ります。冷蔵保存などの作り置きは、時間の経過と共に酸化が進み栄養分が減少してしまいます。効果を実感する為には作りたてを飲む様にする事をオススメします。

便秘解消の為のスムージーを飲むタイミング

スムージーは基本的にいつ飲んでも良いものですが、便秘解消の為に取り入れる場合は朝飲むと効果的です。朝食としての置き換えは、便秘改善以外にもダイエット効果も期待出来ます。朝食の置き換えをする時は、スムージーを噛みながら飲むようにすると腸が正常に動くようになります。

便秘解消スムージーレシピ

便秘解消のスムージーは、毎日飲み続ける事が大切です。ご紹介するスムージーは、材料を日常的に揃えやすい野菜や果物で作れるレシピです。

ブルーベリーとバナナのスムージー

材料は2、3カップ分です。バナナ1本、冷凍ブルーベリー20g、水200ml
バナナを適当な大きさにカットしミキサーにかけます。ブルーベリー、水を加え、なめらかになるまで攪拌します。
ブルーベリーと言えばポリフェノールですが、食物繊維も豊富なフルーツです。更にバナナは消化吸収に優れ、体内でエネルギーに変換されるスピードが早いため朝食としてのスムージーに最適です。

りんごとレモンのスムージー

材料は2、3カップ分です。りんご1/4個、牛乳150ml、レモン果汁大さじ1、はちみつ大さじ1/2
りんごを適当な大きさにカットします。全ての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまで攪拌します。
りんごは、水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。善玉菌を増やしたり、悪玉菌の働きを抑え腸内環境を正常にしてくれます。更に排泄を促進させる効果もあります。レモンは、疲労回復や解毒作用の促進効果があります。二日酔いの朝にも効果的です。

ゴボウとりんごのスムージー

材料は1人分です。ゴボウ1/3本、りんご1/2個、はちみつ大さじ1、レモン汁大さじ1、水100ml
ゴボウは、たわしなどで泥をよく落として洗います。皮をむかずに切りミキサーに入れます。りんごも皮ごと適当な大きさに切ります。全てをミキサーに入れなめらかになるまで攪拌します。
ゴボウは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をがバランスよく含まれています。りんごの善玉菌を増やす作用とのダブル効果が期待出来ます。

梨とレタスの甘酒スムージー

材料は1人分です。 梨175g、レタス75g、甘酒50ml
梨はヘタと芯をのぞき、皮はそのままで一口大に切ります。レタスは食べやすい大きさに切ります。全ての材料をミキサーに入れ攪拌します。
レタスの食物繊維と梨に含まれるソルビトールが便秘解消に効果的です。又、栄養価の高い甘酒で美肌効果も期待出来ます。

バナナといちごの牛乳スムージー

材料は1人分です。バナナ1/2本、いちご5粒、牛乳150ml
バナナは皮をむき適当な大きさに切ります。いちごはへたをとります。全ての材料をミキサーに入れ攪拌します。
バナナといちごの食物繊維が腸を綺麗にしてくれます。ビタミンCも含まれている為、美肌対策にも効果的です。バナナは完熟状態なるほど抗酸化力が高まります。

関連記事

  1. 柑橘を使ってさっぱり飲みやすいスムージーレシピ

    にんじんを使ったスムージーのレシピと作る際に気を付けたい事

  2. 腹持ち悪いなんて言わせない、満腹になれるスムージーレシピ

  3. のどの痛みに効果的なスムージーレシピ

  4. 柑橘を使ってさっぱり飲みやすいスムージーレシピ

    柑橘を使ってさっぱり飲みやすいスムージーレシピ

  5. 辛いつわりの症状を和らげるスムージー

  6. 痩せる身体作りに効果的なダイエットスムージー