飲むだけで美肌になれる、マンゴーを使ったスムージーのレシピ

スムージーと酵素ドリンク

贅沢な果物であるマンゴー

マンゴーは他の果物と比べて価格も少々高めでありますが、含まれている栄養は体に必要なものばかりです。スムージーに使う場合には冷凍のマンゴーでも問題ないため、マンゴースムージーは意外と手軽に作ることができます。この記事では、マンゴーの栄養やマンゴーを使ったスムージーのレシピについてご紹介いたします。

マンゴーに含まれている栄養

マンゴーには主にβカロテンやビタミンC、葉酸が含まれています。特に葉酸は綺麗な血液を生み出す働きを助けるため貧血を防ぎます。葉酸が不足した際の症状に口内炎や下痢、食欲不振が挙げられますので原因もわからない体調不良が続く場合は一度食事の栄養バランスを見直してみてください。葉酸は妊婦さんにより多く摂取していただきたい栄養で、通常に比べ2倍摂取する必要があります。DNAの構成や細胞の再生にも関係している栄養ですので不足しないように注意してください。
完熟したマンゴーはβカロテンが多く、少し青みがかったマンゴーはビタミンCが豊富に含まれており、使うタイミングによって栄養価が変化します。もちろんこれらの栄養は他の果物でも補えますが、マンゴーは様々な栄養が平均的に含まれている果物ですので、どんな栄養を取っていいかわからないといった場合には是非スムージーに加えて見ていただきたいです。

マンゴーを使ったスムージーのレシピ

今回は冷凍マンゴーを使って、飲むだけで美肌に近づけるような濃厚デザートスムージーをご紹介いたします。

<材料>

冷凍マンゴー・・・50g

ヨーグルト・・・大さじ2

牛乳・・・100cc

これで一人分の分量になりますので、人数や飲む量によって材料を調整してください。特に皮を剥くなどの作業も無いため、そのまますべての材料を入れてミキサーにかけるだけで完成です。もしヨーグルトの酸味が強く甘みが欲しいと思ったら、砂糖よりもはちみつを混ぜて作るとエネルギーも補給でき夏バテにも効果的です。
野菜を使っていないためグリーンスムージーではありませんが、甘くておいしいデザートスムージーというだけでなくちゃんと栄養も摂取できるドリンクです。マンゴーに含まれている体に必要である基本的な栄養に加え、腸内環境を整えるヨーグルトや酵素やビタミン豊富なはちみつを混ぜることで、心も体も満たされるスムージーに仕上げることができます。

マンゴーの意外と知らない成分

マンゴーにはたくさんの栄養が含まれているということを知っていただけたかと思いますが、実はその他にも優れた効果があり、それが「抗酸化作用」です。マンゴーを黄色にしている色素は植物性ポリフェノールの一種であり、強力な抗酸化作用がある成分です。抗酸化作用とは言葉の通り酸化を抑える働きであり、人は体が酸化(錆び付く)ことにより老化が進んでいきます。ですので抗酸化作用のある食材を食べるということは、体内にある錆び付かせる細菌を排除するため老化防止につながり、健康と美容に非常に効果的であることが分かります。だからと言って摂取しすぎると今度は健康な細胞を傷つけてしまうため、適度な摂取が必要です。抗酸化作用はマンゴー含む野菜・果物のほかにもカカオや赤ワインから摂取することもできますので、少し意識して食材を選ぶとよいでしょう。

関連記事

  1. ビタミンCたっぷりのゆずのスムージーのレシピ

  2. 飲みやすく美味しいスムージーレシピで目指せ健康美人

  3. 季節にあったスムージーレシピで美味しく効果倍増

  4. 栄養価の高いナッツをふんだんに使ったスムージーのレシピ

  5. シリアルを入れて食べられるスムージーのレシピ

  6. 血液サラサラを目指す絶品スムージーレシピ

    いろいろな栄養が摂れるブロッコリースムージーのレシピ