ポリフェノールたっぷり、ザクロスムージーのレシピ

ザクロにはいろいろな栄養素が含まれていて、健康と美容に良い果物です。ザクロの種まで摂るために、スムージーにして飲むことをおすすめします。

ザクロを使ったスムージーのレシピ

・ザクロ 1/4個
・季節の果物(リンゴ1/4個、バナナ1本、イチゴ3~5個など)
・牛乳100cc またはヨーグルト50ccに水適量

ザクロは皮をむいて粒にしておきます。
果物は一口大に切っておきます。
材料の全部をあわせ、ミキサーにかけてできあがりです。

ザクロの栄養と効果

ザクロは中近東原産の果物です。日本に渡ってきたのはかなり古く、平安時代に中国を経由して輸入されました。ザクロは実の中に赤い小さなツブツブがたくさん詰まっているため、子宝の象徴ともされています。また、女性ホルモンに似た働きをするエストロゲンが含まれていることから、ザクロは女性におすすめの果物とされていました。しかし、ザクロは数種類のポリフェノール、ミネラル、ビタミンなどを豊富に含んでおり、女性に限らず誰にでもおすすめしたい果物です。

ザクロに含まれるエストロゲンは種の中に含まれています。そのため、普通にジュースやゼリーにしただけではほとんど摂ることができません。種ごと飲むことができるスムージーは、エストロゲンを摂るのに向いている飲み物です。
しかし、ザクロのエストロゲンは期待するほど多いわけではありません。1kg中に17mgと非常に少量なので、摂ることができた程度に思っておいて、効果は期待しない方が良さそうです。

ザクロに含まれるポリフェノールは、アントシアニン、エラグ酸、タンニンなどです。
アントシアニンはザクロの赤い色の中に含まれています。アントシアニンは目に良いといわれますが、紫外線のダメージから体を守る働きや、内臓脂肪の蓄積を防ぐ作用などもあります。
エラグ酸とタンニンは、抗酸化作用がとても強いです。動脈硬化予防やガン予防、殺菌作用などの働きがあります。また、エラグ酸にはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼという酵素を抑える働きももっています。そのため、エラグ酸を摂ることで美白効果が期待できます。

すっぱい味のするザクロはクエン酸も豊富です。クエン酸には疲労回復効果があることが知られていますが、カルシウムの吸収を助ける働きもあります。骨を丈夫にしたい人は、スムージーの材料にザクロと一緒に牛乳などのカルシウムの多い食材を使いましょう。

健康に良いザクロですが、カリウムが多いので摂り過ぎは厳禁です。カリウムは余分なナトリウムを排出し、むくみをとる効果がありますが、摂りすぎると高カリウム血症になります。また、タンニンも摂りすぎると胃腸に良くないですし、鉄分の吸収をしにくくしてしまいます。

ザクロの保存法と購入先

生のザクロは8月終わり頃から11月頃まで販売されています。ほとんどが輸入品で国産のザクロはあまりありません。国産の方が酸味があり、輸入品のザクロは甘めです。販売時期が限られているので、見つけたら多めに買っておくようにしましょう。実のままなら密封すれば冷蔵庫で2カ月近く保存できます。粒をほぐしてしまっても、冷凍庫で保存可能です。

ザクロをスーパーで見つけることができない場合、ネットショップで購入できます。生のザクロ以外にも、粒にして冷凍したものが販売されています。

関連記事

  1. 便秘対策に効果的なスムージーのレシピ

  2. ほうれん草とアボカドを使ったスムージーレシピ

    世界各国で人気のある日本の抹茶を使ったスムージーレシピ

  3. スムージーで免疫力アップを目指す

  4. グリーンキウイを使った食物繊維たっぷりのスムージーレシピ

  5. キウイの美肌パワーたっぷりのスムージーレシピ

  6. 腸内環境を整えるヨーグルト

    バナナが主役のスムージーの大満足レシピ