ホットのスムージーランチレシピ

寒くなる季節にオススメしたいのがホットスムージーです。身体が暖まる食材を使うことで、女性の大敵である冷えを予防し、血行を促進して新陳代謝を高めます。またランチの一品として加えて、食事の最初に摂取することで満腹感を得られるので、食べ過ぎを防止します。そこで加熱処理をしても栄養素が損なわれない食材を用いた、ランチ向けのホットスムージーレシピをご紹介します。

にんじんのホットスムージー

にんじんは生で食べるよりも、加熱したほうが栄養素を効果的に摂取出来ますのでホットスムージーに適した食材です。にんじんやトマトにはβカロテンとリコピンが含まれ、高い抗酸化力があるので美肌やアンチエイジングに効果的な食材です。βカロテンは、油と一緒に摂取することで吸収率がアップするのでアマニオイルもプラスしています。

材料(1人分)

にんじん 1/2本
トマト 1/2個
しょうが 1片
無調整豆乳 150cc
塩胡椒 適量
アマニオイル 小さじ1

作り方

材料すべてをミキサーで攪拌し、電子レンジであたためます。最後にアマニオイルを加えて出来上がりです。

キノコのホットスムージー

今が旬のキノコを使ったホットスムージーです。キノコは低カロリーにも関わらず、ビタミンやミネラル、食物繊維などたくさんの栄養素が含まれています。きのこは栄養価を損なわないためにも洗わずに調理することが理想的ですが、気になる方はサッと水で流す程度に洗ってください。

材料(1人分)

マッシュルーム 50g
舞茸 50g
玉ねぎ 30g
無調整豆乳 150g
ブイヨンキューブ 1/2〜1個
塩胡椒 適量
オリーブオイル 適量
作り方
マッシュルーム、舞茸、玉ねぎををオリーブオイルで炒め、豆乳とブイヨンキューブ、
塩コショウを加えてから
ミキサーで攪拌して出来上がりです。

かぶのホットスムージー

旬を迎えるかぶを使ったスムージーです。冬のかぶは甘味が増して美味しさが増すと言われていますし、栄養素がさらに高まっていると言われています。かぶにはビタミンCやアミラーゼ、βカロテンなどたくさんの栄養素が含まれています。また、消化機能や殺菌効果も期待出来るので風邪予防にも効果的です。生姜を加えることで冷えの改善や免疫力アップも期待出来ます。

材料(1人分)

かぶ 2玉
しょうが 1片
無調整調乳 150g
ブイヨンキューブ 1/2〜1個
塩胡椒 適量
アマニオイル 小さじ1

作り方
材料を全てミキサーに入れ、攪拌してから電子レンジで温めて出来上がりです。

じゃがいものホットスムージー

じゃがいもにはカリウムや食物繊維がたっぷり含まれているので、むくみや便秘対策に効果的な食材です。じゃがいもに含まれるビタミンCなどの栄養素は加熱調理をしても損なわれることはありません。

材料(1人分)
じゃがいも 1/2個
たまねぎ 1/4個
ブイヨンキューブ 1/2〜1個
オリーブオイル 適量
塩胡椒 適量
無調整豆乳 150g

作り方
①じゃがいもは皮をむいていちょう切りに、玉ねぎは薄切りにする。
②①をオリーブオイルで炒めてブイヨンキューブと無調整豆乳、塩胡椒を入れる。
③②をミキサーで攪拌して出来上がりです。

ランチは軽くしたい、でも満腹感は欲しいという時にスープ感覚で頂けるホットスムージーです。こちらに玄米のおにぎりをプラスしたりすることで、栄養のバランスもが取れます。小腹が空いた時にもおすすめです。

関連記事

  1. 女性にうれしい効果をもたらすザクロのスムージー

  2. 美肌効果の高いエイジレススムージーのレシピ

  3. 女性におすすめ・ルッコラのスムージーのレシピ

  4. パセリの持つグリーンパワーレシピ

  5. スムージーの美容健康効果

    生よりも栄養価がアップする冷凍食材を使ったスムージー

  6. 腸を活性化させお通じを整える、食物繊維が豊富なスムージーのレ…