のどの痛みに効果的なスムージーレシピ

のどは常に粘液に覆われており、その粘液によって細菌やウイルスの感染から身体を守っています。

のどが乾燥すると、粘膜の防御が弱くなってしまい、粘膜が炎症を起こして痛みが発生してしまいます。

のどの乾燥を防ぐためには、マスクをする、鼻呼吸をする、声の出し過ぎをしないようにするなどの方法があります。

また、症状に効く栄養素があるので、その栄養素を積極的に摂取することも大切です。

のどの炎症に効く栄養素

のどの炎症に効果的な栄養素に、アリルイソチオシアネートがあります。

アリルイソチオシアネートはアブラナ科の野菜の細胞が壊れたときに発生する成分で、殺菌、抗炎症作用が期待されます。

大根やカブに多く含まれています。

熱に弱い成分なので、加熱せず生ですりおろして摂取するようにしましょう。

そのほかに、ビタミンCも有効です。

ビタミンCは抗酸化力が強く、炎症を抑える作用もあります。

また、体内に侵入してきた細菌やウイルスを攻撃する免疫物質であるインターフェロンの生成にも必要な成分です。

大根とゆずのスムージー

【材料】

・大根 …100g

・ゆず …皮1/2片、果汁小さじ1

・はちみつ …大さじ1/2

・水 …50ml

【作り方】

①大根は一口大に切っておきます。

②すべての材料をミキサーなどで撹拌して完成です。

大根にはアリルイソチオシアネートとビタミンCがどちらも含まれています。

皮には多くの栄養素が含まれているので、使用する際は皮を剥かないようにしたほうが、より多くの栄養を摂取することができます。

ゆずの皮には粘膜を強くして風邪を予防する成分や、血行を促進して体を温める成分があります。

また、美肌にも効果が期待できます。

みかんと生姜のホットスムージー

【材料】

・みかん …1/2個

・生姜 …3g

【作り方】

①みかんは厚い皮のみ剥き、一房ずつに分けておきます。

②生姜は皮をむいて輪切りにしておきます。

③下ごしらえしたみかんと生姜をミキサーに入れ、撹拌してたものを電子レンジで温めて完成です。

生姜の香り成分には抗炎症作用がありますが、生の生姜に含まれる成分は内臓を冷やしてしまいます。

内臓を温めたいときは、加熱させてから摂取するようにしましょう。

みかんはオレンジにはない成分を含んでおり、この̪シネフリンという成分が風邪の予防に効果を発揮します。

ブロッコリーを加えるとさらにビタミンCとβ-カロテンを補うことができます。

パイナップルとクレソンのスムージー

【材料】

・パイナップル …60g

・クレソン …1/2束(20g)

・オレンジパプリカ …30g

・水 …50ml

【作り方】

①材料を一口大に切っておきます。

②すべての材料をミキサーにかけ、撹拌して完成です。

パイナップルの酵素には肉の消化を助ける働きがあるので、肉料理と一緒に摂取すると効果が期待できます。

食物繊維も豊富で、腸内環境を整える効果もあるため、便秘解消にも効果が期待されています。

また、代謝を促す成分も豊富に含まれています。

クレソンはとても栄養価が高い植物であると言われており、ビタミンCやβ-カロテンをはじめとした栄養素が豊富に含まれています。

クレソンを春菊に変えても効果的です。

 

関連記事

  1. 健康効果抜群のパクチーのスムージーのレシピ

  2. みかんスムージー

    スムージーに欠かせないレモンの秘密

  3. 持ち歩けるスムージーを作るための作り方や注意点

  4. 柑橘を使ってさっぱり飲みやすいスムージーレシピ

    にんじんを使ったスムージーのレシピと作る際に気を付けたい事

  5. 血液サラサラを目指す絶品スムージーレシピ

    いろいろな栄養が摂れるブロッコリースムージーのレシピ

  6. 基本のスムージーの作り方

    生理痛改善のためのスムージーのレシピ