免疫力を高められるしそを使ったスムージーのレシピ

独特な風味のしそ

しそは大葉とも言われその独特な味から薬味に使われることが多いですが、実はスムージーとも相性がよいハーブです。あの独特な香りが防腐・殺菌作用を持っているため、刺身など生ものの「つま」としてよく使われているのを一度は見たことがあると思います。日本でも1000年ほど前から食べ続けられているため実は日本人には馴染み深い食品であります。この記事では、そんなしそを使ったスムージーのレシピや効能についてご紹介いたします。

しそが高めてくれる免疫力

しそにはカルシウムや鉄分が多く含まれていますが、特にビタミンAについては他の野菜よりもとびぬけて栄養価が高いです。気持ちを落ち着かせる効果があり、日常的にしそを食べているという方は精神的にも落ち着いていることが多いと言われています。特にしそ酒はイライラを抑えられ不眠にも効くとされているため常飲している方もいらっしゃいます。しそを食べることで腹痛、神経痛、精神安定、貧血に効くと言われていますので、スムージーでなくても料理に少量混ぜてみたりと工夫していただきたいです。しそは嫌いな方も多い食材ですので、人には無理に勧めず飲める方のみで楽しんでください。

しそを使ったスムージー

たっぷりしそを使った、飲むだけで健康に近づけるようなスムージーのレシピをご紹介いたします。

<材料>

しそ・・・4~5枚

豆乳・・・50ml

りんご・・・1/4

小松菜・・・1房

グレープフルーツ・・・半分

この分量で1人分のスムージーを作れますので、飲む量や人数によって調節してください。りんごはあらかじめ冷凍しておくことをおすすめします。グレープフルーツは皮を剥きそのまま入れても良いですし、ジュースのように絞ってからでも問題ありません。そしてすべての材料を適当な大きさにカットしてミキサーにかけましょう。
バナナなどスムージーの定番を使わずに、りんごも少量だけでグレープフルーツを多めにしたのは、クセのあるしそをスッキリ飲めるようにするためです。豆乳が苦手だという方は牛乳や水で代用しても問題ありませんが、水ですと少々味がはっきり出てしまうため牛乳か豆乳で滑らかにすることをおすすめします。
ネット通販で販売している粉末のスムージーにも、実はほとんどの商品にしそが含まれています。そのものの味を感じることは無いと思いますが、嫌いという方でもいつの間にか摂取している場合もあります。嫌いなしそが入っているからと言ってその商品を手放してしまうのはあまりにも勿体ないです。粉末タイプのスムージーは含まれている素材の味を個別に感じられることはほとんどの場合できないと思いますので、もし嫌いなものが入っていると表記があっても一度試していただきたいです。

しそに含まれる「ファイトケミカル」とは

最近になって注目されるようになった成分、ファイトケミカルとは「抗酸化作用」のことで、アンチエイジングの働きが非常に強い成分です。これはしそに多く含まれているβカロテンと同じく、ビタミンAとして粘膜などを強くして免疫力を高めるという作用になります。また、しそには抗アレルギー作用があり花粉症やぜんそくにも有効であると言われていますが、これはしそに含まれる「ルテリオン」というファイトケミカルが働いているためです。知らないところでファイトケミカルは人々の体に良い影響を与えているのです。

関連記事

  1. 授乳に必要な栄養素がたっぷり含まれたスムージー

  2. 美白効果が期待できる夜スムージー

  3. 効果的なグリーンスムージーの摂取で便秘解消!

  4. 夏バテ解消に効果的なミネラル補給スムージー

  5. みかんスムージー

    スムージーに欠かせないレモンの秘密

  6. お酢を使った酢ムージーレシピを活用して健康ダイエット