お酢を使った酢ムージーレシピを活用して健康ダイエット

スムージーはフルーツや野菜をメインに作るのが一般的ですが、そこにある食材を足すことでダイエットや美肌により効果があるスムージーに変身します。それがお酢です。酢ムージーとも呼ばれるお酢を使ったスムージーの簡単な作り方やその効果をご紹介します。

お酢の驚くべきダイエット効果とは

お酢に含まれている主成分の酢酸は脂肪の分解や燃焼を助けてくれる働きがあります。お酢に含まれるクエン酸やタンパク質に含まれるアミノ酸などの有機酸が含まれていることで効率的にエネルギーに変えることができます。クエン酸がエネルギーに変えることで脂肪の分解を助けることでダイエットに働きかけてくれます。

したがって血行が良くなり、身体が温まることで新陳代謝も高まり痩せやすいからだをつくることができるのです。毎日お酢を15mlずつ取った人は体重、腹囲、BMIともに下がったという実験結果もあるほどです。

お酢を取り入れるベストタイミング

お酢は毎日15ml~30mlを摂ることで効果が表れます。お酢はそのまま飲むと刺激が強すぎ、胃や内臓に負担をかけてしまいます。直接飲んだ場合、体調によっては下痢を引き起こす場合もあります。ドリンクや食事の中にお酢を取り入れること以外は大きな決まりはありません。いつものスムージーにお酢をプラスするだけで簡単に酢ムージーを作ることができます。

しかし、お酢はたんぱく質を固める効果があるため、豆乳を使ったスムージーに加えるとタンパク質が固まり、ザラっとした食感になり飲みにくいものになってしまうので注意しましょう。

取り入れるお酢は基本的にどんなお酢でもOKです。料理用のお酢が強くて飲みにくければまろやかな酸味のりんご酢や黒酢など好みのもので調整してください。

シンプルグリーン酢ムージー

【材料】
小松菜…1/4袋
ほうれん草…1/4袋
りんご…1/4個
黒すりごま…大さじ1
きなこ…大さじ1
黒酢…大さじ1

すべての材料をミキサーにかけ、なめらかになったところで仕上げにお酢を加えて出来上がりです。ほうれん草と小松菜とりんごのシンプルなスムージーにお酢を入れることでスッキリと飲みやすいスムージーです。黒ごまと小松菜、ほうれん草で食物繊維たっぷり、腸内環境も整えてくれます。りんごが入ることで満足感があるスムージーに仕上がります。

パプリカとオレンジの酢ムージー

【材料】
オレンジ…小1個
人参…4cm
パプリカ(オレンジ)…半分
ヨーグルト…小さじ3
甘酒…100ml
酢…小さじ1
はちみつ…お好み

オレンジは皮をむき、にんじんは皮つきのまま、パプリカはヘタと種を除いてすべての材料とともにミキサーにかけます。甘酒には免疫力を高める効果があり、お酢のダイエット効果とともに取り入れればさらに健康効果がアップします。にんじんとパプリカにはたっぷりのカロテンが含まれていて強い抗酸化作用や皮膚と粘膜の保護作用などが期待できます。

オレンジは小房ごと使うことで小房と白い筋に含まれるペクチンをしっかり取り入れて便通がよくなり腸内環境を整えてくれる効果があります。オレンジのビタミンCは美肌に効果的で健康と美容を両方手に入れたい方にはぴったりのスムージーです。

関連記事

  1. 柑橘を使ってさっぱり飲みやすいスムージーレシピ

    柑橘を使ってさっぱり飲みやすいスムージーレシピ

  2. みかんスムージー

    ビタミンたっぷり美肌に効くみかんスムージーの作り方

  3. 目の疲れに効くアントシアニン豊富なスムージーレシピ

  4. 飲む時間帯を考慮した美白スムージーの取り入れ方とレシピ

  5. スムージーと酵素ドリンク

    飲むだけで美肌になれる、マンゴーを使ったスムージーのレシピ

  6. 野菜の王様モロヘイヤを使ったグリーンスムージー