毎日のスムージーにおすすめのメーカーランキング

手作りでスムージーを作るにはスムージーメーカーの存在が欠かせません。メーカーには従来の形のミキサーから、ハンディタイプのブレンダーまでいろいろあります。大手ショッピングサイトの売れ筋ランキングから、おすすめのメーカーをまとめました。

栄養を逃さないメーカーランキング

『テスコム 真空ジュースミキサー TMV1100』
スムージーに限らず、酸素は鮮度の敵です。酸素があると野菜や果物が酸化していってしまいます。テスコムの真空ジュースミキサーは、ボトル内から酸素を抜き、真空状態で野菜や果物を粉砕します。酸素が入らないので、24時間経ってもビタミンCや酵素の量は少ししか減りません。作り置きもできるので、忙しい朝にスムージーを飲みたくても時間がなくてと諦めていた人も、前の晩に作っておけば、ほとんど栄養が減っていないままで飲むことができます。価格はショップにより違いますが、安いもので税込18,937円~販売しています。

強力パワーのメーカーランキング

『バイタミックス社のミキサー』
野菜や果物をまるごとスムージーにするには、メーカーにパワーが必要です。強力なパワーを持つバイタミックスのミキサーなら、固い種や一緒に入れた氷まで簡単に粉砕できます。1~3人、1~6人とサイズを選べるのもありがたいです。価格はコンパクトサイズでも税込49,680円、6人分可能なオールマイティサイズで税込69,984円と高いのが難点です。

安価で入手可能なメーカーランキング

『ハリオ フルーツスムージーメーカー HDJL-OW』
ハリオのフルーツスムージーメーカーは、1杯用のハンディージューサーです。コップ状の本体に材料となる果物を入れてシャフトをセットし、上下させることで刃が回転します。できたスムージーはそのまま本体をコップ代わりに飲むことができます。電気が必要ないので、まるごと食洗機で洗えますが、手動なので固い野菜や果物はスムージーにできないのが欠点です。価格が最安値で1,512円と安いため、スムージー生活を試してみたい人、スムージーは果物だけでいい人にはおすすめです。

マルチ利用可能なメーカーランキング

『dretec ハンドブレンダー HM-802』
dretecのハンドブレンダーは、スティックタイプの持ちやすいブレンダーです。容器に食材を入れてスイッチを押し、上下に動かしてやれば簡単にスムージーができあがります。使い終わったら、専用カップに水と洗剤を入れて運転し、水だけに変えて再度運転させるだけできれいになります。535gと軽く、コップでも鍋でも、好きなところで使えるので、スムージー作りだけでなく、スープやソース、離乳食など毎日の食事作りにも活用できます。最安値で2,436円から販売しています。運転スピードを変えることのできるHM-803、泡だて器やチョッパー付属のHM-804 クックスティックもあります。

ホットスムージーもできるメーカーランキング

『イワタニ クラッシュミルサー IFM-C20G』
イワタニのクラッシュミルサーは、本体・カッター部分・容器・スイッチカバーに分けることができます。容器に食材を入れてカッター部分を取り付け、本体にセットすればスムージーが作れます。カッターは野菜や種、氷など固いものも粉砕可能です。容器はレンジ加熱ができるため、温めてホットスムージーにすることもできます。細かい汚れが取りにくいカッター部分は煮沸消毒できるので安心です。税込5,600円から販売しています。

関連記事

  1. からだの中から温まるホットスムージーレシピ

    行ってみたい!スムージー専門店のランキング

  2. スムージーをより手軽に作るためのミキサーランキング

  3. コンビニ4社をチェック!おすすめスムージーランキング

  4. リンゴスムージーの作り方

    スムージーの人気食材ランキング

  5. 通販で購入できる、おすすめのスムージーランキング

  6. コンビニスムージーの選び方とランキング